grape [グレイプ] society

たばこの自販機の前で男子高校生たちが… 近付くと『ある勘違い』に気が付く

By - 芳雪  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

あれ…あそこで未成年がたばこを買ってない…?

たばこの自動販売機の前でワイワイと盛り上がる男子高校生たち。

未成年がたばこを買うなんて、法律違反です。ここは観光地で、周りにはたくさんの大人の目があります。

それでも周囲の大人は注意を促しません。「おかしい…」と思って近づくと、そこにあったのは『たばこ』の自動販売機ではなく…。

いや、これ『たばこ』じゃなくて『ちゃばこ』…!

本物のたばこにそっくりすぎる見た目の、レトロな自動販売機。

ラインナップを見ても、たばこにしか見えません!男子高校生たちは、どの商品にしようか悩んで盛り上がっていたようです。

どういうものなのか気になったので、早速1つ購入してみることにしました。

選んだのはほうじ茶

パッケージをよく見ると、細かなところまでこだわりがつまっていました。

「チャバコの味は、家族や会社の同僚の機嫌に好影響を及ぼす可能性が…」ってむしろ大歓迎!

「チャバコを飲用しながらの交流は、人間関係や親睦をより一層深める可能性が…」って、いいことしかありません!

水で溶かしたら一気に不安に…!

早速、購入したちゃばこでおいしいお茶をいただくことにします。

自宅に帰ってさっそく家族に見せると…「あんた、いつの間にタバコを吸うようになったの!?」と鋭い指摘が飛んできました。

「だまされたな…実はこれ…お茶なんです」と、自慢げに箱を開封。

箱の中には8本の粉末スティックが入っていました。

箱には『召し上がり方』として、このように書かれていました。

・ホットの場合…カップにスティックを1本入れ、150~200㎖のお湯を注いでよくかき混ぜる。

・アイスの場合…ペットボトルのミネラルウォーター(350㎖)をひと口飲み、スティックを1本入れてフタをし、よく振る。

まずはホットでいただきます。

「カップにスティック粉末を入れてから」と書かれているのに、初っ端からお湯を投入…!

「ちゃんと読まずにごめんなさい…」と思いつつ、「混ぜれば同じっしょ!」とそのまま作ってしまいました。

粉末が溶けると、ほうじ茶のいい香りが漂います。

これを飲みながら仕事をすれば、身体も温まり仕事もはかどることでしょう。

そして、先にスティック粉末を入れたらもっとおいしいかもしれません!

続いてアイスを作ります。350㎖のペットボトルに水を入れ、粉末を投入。

お湯より、すぐには溶けません。よく振って、アイスのほうじ茶を作っていくのですが…。

なんか、色がヤバい…!

泡立った様子は、完全に幼稚園児が公園で泥を入れて作った水のようです。

「おいしいよね…?」と不安になりながらひと口飲むと、当たり前ですがしっかりとほうじ茶の味がしました!

職場の人や家族と一緒に飲むと楽しいかもしれません。

ほかにも緑茶や玄米茶などの種類がありますよ。6都府県で販売されていますが、ネットでも購入が可能です。

ちゃばこの自動販売機を見つけたら、ぜひ購入してみてはいかがですか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top