grape [グレイプ] entertainment

『うっせぇわ』を聞かせたくない親に、ミッツが意見 内容に賛同の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2021年3月現在、18歳の歌手であるAdoさんが歌う『うっせぇわ』という曲が、幅広い世代から注目を集めています。

人気はとどまることを知らず、YouTubeに投稿された『うっせぇわ』のMVは、公開後約5か月で1億回再生されているほどです。

「うっせぇわ」というフレーズを連呼する中毒性の高い歌詞が好評を得ている一方で、歌詞を覚えてしまう幼い子供が増加。

子供を育てる一部の親たちからは曲に対し、「周りの人を傷付ける言葉を認識なく使うのが怖い」「教育に悪影響」と、歌を聞かせたくないという声が上がっています。

ミッツの意見に、賛同の声

同月23日、情報番組『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、『うっせぇわ』について特集。

子供がマネをして親に口答えをしたり、園児が「うっせぇわ」と歌いすぎて、保育園や幼稚園で禁止したりしている現状を取り上げました。

※写真はイメージ

コメンテーターのヒロミさんは、自身の幼少期に流れていた歌について「子供が聞くような歌詞じゃなかった」といい、「歌の影響で何かが変わるわけではない。ギャグと一緒」と意見。

タレントのミッツ・マングローブさんも「これが流行ってもんですよ」と、次のように語りました。

やっぱそのサウンドと「うっせぇうっせぇうっせぇ」っていうキャッチーに子供にも聞こえるからこれだけみんな歌いたくなる、口ずさみたくなるってことだし。

ヒロミさんがおっしゃったように、『ちびまる子ちゃん』のエピソードでもあるんですけど。

まる子が「あなたに女の子の一番大切な〜」みたいに歌ってたら(まる子の母親が)「やめなさい!そんな歌歌っちゃダメ」っていうシーンがあったんですよ。

だから時代時代で本当そういうのがあって。子供っていうのはどこかちょっと意味が分からないままそれを口ずさんじゃう。

それを親がたしなめるっていうのの、その繰り返しだから。

バイキングMORE ーより引用

歌詞がキャッチーだからこそ、子供が歌いたくなると推測した、ミッツさん。

テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)のエピソードを例に挙げ、「子供は意味が分からないまま口ずさむから、それを親がたしなめればいい」と意見を述べたのです。

ネット上には、ミッツさんの意見に賛同する人が相次ぎました。

・同感。なんでも規制をするのはよくないと思う。

・子供の自由を規制する大人を規制したい。

・根本をなくそうとするのが子育てではない。むしろ物事を教える時には、根源が必要。

ヒット曲は、テレビ番組や店内BGM、ラジオなど幅広く取り上げられるため、どれだけ親が遠ざけても自然と子供の耳に入ってしまう可能性が。

だからこそ、子供が友達や他人を傷付けないよう、周りにいる大人が言葉の意味を教える必要があります。

頭ごなしに禁止するのではなく、子供の意見もしっかりと聞いた上で正しい知識を伝え、問題を解決するのが理想なのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
バイキングMORE

Share Tweet LINE コメント

page
top