grape [グレイプ] hobby

1万円札の顔出しパネルで記念撮影した父親 照れ笑い後作った表情に「笑った」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2021年9月6日現在、1万円札の肖像に描かれているのは、著作『学問のすゝめ』などで知られる、啓蒙思想家の福沢諭吉さんです。

2024年度に発行される新1万円札には、国内初の銀行『第一国立銀行』を設立した、実業家の渋沢栄一さんの肖像が採用されます。

漫画家のモノモース(@mono_moosu)さんは、1万円札をネタにした漫画を描きました。

思わずクスッとしてしまう4コマを、紹介します。

父親と娘が、外出先で見つけた顔出しパネル。

観光地で、見かけたことがある人もいるでしょう。顔を入れて写真を撮ってもらうと、思い出に残りますよね。

2人が見つけたのは、切り抜かれた穴に顔を入れると、自分が1万円札の肖像として描かれた気分を味わえるものでした。

娘から促されて撮ってもらうことになった父親は、撮影前こそ照れていましたが、いざ撮られると表情を変えて真顔に!

キリっとした表情から、何か功績を残した偉大な人物のような雰囲気を感じますね。

父親は、肖像として描かれた気分を満喫したかったのかもしれません。

漫画に、多くの人が笑いました。

・しっかりキメ顔を作るお父さん、面白いですね。

・お父さんの渋い表情が素敵です!

1万円札の顔出しパネルが作られたら、キメ顔を作って、歴史上の人物になりきりたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@mono_moosu

Share Tweet LINE コメント

page
top