grape [グレイプ] trend

あおられて車間距離が2mに 撃退したとっさの方法に「笑いすぎてお腹痛い」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

めっしー@(@mesi_ae111)さんはある日、運転中に後続車から車間距離を詰められる『あおり運転』を受けていました。

およそ2~3分間にわたり、2mほどの距離まで詰められていたといいます。

ですが、とっさの行動で無事、『あおり運転』を撃退できたとのこと。Twitterに投稿して紹介した、その行動がこちらです。

投稿者さんによると、ストローを窓の外に出したら、『あおり運転』をされなくなったといいます!

相手は、ストローをタバコと勘違いし、煙が流れてくるのを嫌がったのでしょう。

投稿者さんが行った対策に、多くの人が反応しています。

・ノーベル平和賞をあげたいくらい、優しい解決法ですね。

・なるほど、その手があったとは。強すぎます。

・誰も傷つけない、よい方法かもしれないですね。

・シュールすぎて、笑いました。お腹痛い…。

投稿者さんに、ストローを使った理由について聞きました。

タバコみたいに、窓から出したら嫌がるのではないかと思いました。

タバコに見えそうなものを探していたところ、たまたまその時に飲んでいた紙パックジュースのストローが目に入ったため、使ってみたところです。

運転中、窓から手を出すと、『ハンドルの確実な操作』などを定めた道路交通法第70条にそぐわず、安全運転義務に違反する可能性があります。

被害者が自衛目的でリスクを負うのではなく、事故につながるような『あおり運転』をする人が減ることを祈るばかりです。


[文・構成/grape編集部]

出典
@mesi_ae111

Share Tweet LINE コメント

page
top