grape [グレイプ] hobby

観察力が試される『リアル間違い探し』 衝撃の結末に「気がつかなかった…」

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

人気の体験型ゲーム『リアル脱出ゲーム』。舞台となる会場や街中で謎を解いて脱出したり、オンラインで参加したりすることができ、話題を集めています。

そんな中、気になる情報を耳にしました。『リアル間違い探し』なるものがあるのだとか。

『脱出』ではなく『間違い探し』とのこと。間違い探しといえば、2枚の絵を見比べて違っているものを当てるイメージですが、それがリアルなゲームになったということでしょうか。

『リアル脱出ゲーム』は何度か遊んだことがある筆者。『リアル間違い探し』にもチャレンジしてみることに決めました!

挑戦するのはこちらのタイトル。

リアル間違い探し『クローンに支配された世界を救え』

めちゃくちゃ面白そう…!タイトルを見た瞬間からワクワクが始まります。

『リアル間違い探し クローンに支配された世界を救え』は、いつでもどこでも好きなタイミングで遊べるオンライン型のゲーム。

チケットを購入してゲームページにアクセスするだけです。気軽に参加できるのがいいですね。

『リアル間違い探し』を実際にやってみた!

早速私が手に入れたのは、特典のついた『店舗版チケット』!

説明書きを読むと、所要時間は約120分で、1人から遊べるとのこと。何人かで相談しながら遊ぶのも楽しそうですね。

あなたの目で改ざんされた真実を見抜け

どうやら、改ざんされた映像を見て、修正された部分はどこかを探すゲームのようです。

『店舗版チケット』には気になったことをメモする『間違い整理シート』が付いてました。これはありがたいですね。

準備するのはチケットと、ゲームをプレイするパソコンやタブレットなどの端末、そして筆記用具だけ。

それでは物語の世界にどっぷりハマりに行きましょう!

ハラハラドキドキは想像以上!スリル満点の『リアル間違い探し』

『リアル間違い探し クローンに支配された世界を救え』の舞台は、人間のクローンを作り出す技術が発達した近未来。

「クローンはあなたの代わりに働いてくれます。あなたは自由を手にできるのです!」

「クローンは欲しくありませんか」と呼びかけられる導入から、ゲームは始まります。自分の代わりにクローンが働いてくれて、私たちはそのぶん、楽ができるのだとか。

クローン技術を開発した企業による『クローン手術オンライン説明会』が開催されます。

本当にこんな企業がありそうですね!近頃では仕事でもプライベートでも、オンラインでの会議やイベント、飲み会などに参加する機会が増えた人も多いのではないでしょうか。

まるで実在する企業のオンライン説明会を聞いている気分になってきます。

説明会では「最近疲れていませんか」といった商品勧誘のようなナレーションとともに、クローンの素晴らしさや、クローン手術の有用さが語られ、思わず納得してしまいそうになりました。

だんだんと物語の中に引き込まれていくうちに、突然異変が!

誰!?

いきなり画面に現れた謎の女性が、パソコンの向こう側から必死に訴えかける声に耳を傾けます。

女性いわく「このままでは人間はクローンに支配されてしまう。それを阻止するために協力してほしい」とのこと。

続けて語られる、クローンの異常な性質や、クローン手術を受けた人の末路…。

彼女が企業の中で見つけた『改ざん映像』と修正前の『原盤映像』を見比べ、隠された不都合な情報を見つけ出していくのがプレイヤーのミッション。

リアルな説明会映像ですっかりその気になったところで、間違い探しを開始です!

制限時間が迫る…!そして、衝撃の結末!

ゲームの中では2つの映像を見て改ざんされた部分を探していくのですが、これが難しい…。

気になるところをメモしながら映像を視聴。その後、見つけた改ざん個所を報告するページへ移動します。

「一度進んだら解答終了まで後戻りできない」との警告が!スリルがありすぎます。

女性と協力しながら間違いを探していきます。誤った報告した時は、ヒントをチェックして解答。なんとか先へ行くことができました!

改ざん箇所を発見し、ゲームを進めていく私の前に立ちはだかったのは…時間制限

「分かるまでゆっくり何度も見て考えればいい」と思っていたので、焦りました。

これまで遊んだことのあるオンラインリアル脱出ゲームでは、こうした制限はなかったので新鮮です。

ストーリーの展開上、制限のあるほうが臨場感があり、本当に物語の中に入り込んだように思えました。

次々に明かされる驚きの真実、そしてついに、最後の間違い探しに挑戦…!

解けませんでした…。

「そんなことってあるの…」と、しばらくぼう然としてしまいましたが、確かに「失敗の判定もあります」という表示がありました。まさか失敗してしまうなんて!

SNS用の切ないアピール画像がこちら。

悔しい…クローンに世界を支配されてしまいました。

筆者はバットエンドでしたが、間違い探しの解説と、そうならなかった世界もちゃんと見せてもらえました。

「そこの違いには気がつかなかった…」

「えっ、まさかあの人は…」

「ちょっと待って、ウソでしょ!」

何度もいいますが、大変悔しいです。ストーリーの結末が衝撃的だっただけに、自力で間違いを見つけてたどり着きたかったところ…!

間違い探しの面白さとスリルに加え、濃厚な物語が楽しめる約2時間でした。

友人や家族と一緒でも楽しい!観察力がモノを言う『リアル間違い探し』

これまで遊んだ『リアル脱出ゲーム』は、謎解きがメインで発想力が必要でしたが、間違いを探す『リアル間違い探し』は、観察する力が大切。

正直なところ、筆者は観察力なら少しは自信があっただけに、ミッション失敗はショックでした。

でも、それ以上にとても楽しかったので、またチャレンジしてみたいと思います!

『リアル間違い探し クローンに支配された世界を救え』は、何人でもプレイできるので、家族や友人と協力して進めると、成功の確率が上がるかもしれません。

もちろん、1人で集中してプレイして、自分の実力を試すのもいいですね。

筆者は残念ながら失敗してしまいましたが、ぜひ間違いを見つけ出して、クローンから世界を救ってください!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top