grape [グレイプ] society

「素晴らしい対応」「こういう企業が増えてほしい」 任天堂の『カスハラ対策』に称賛の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

顧客や消費者が自分の立場を利用し、度を超えたクレームや悪質な要求を行う、カスタマーハラスメント(通称:カスハラ)。

全国各地で被害が発生しているカスハラは、接客業従事者やコールセンターで働く人が標的になり、頭を悩ませる従業員が後を絶ちません。

任天堂のカスハラ対策に称賛

2022年10月12日、おもちゃやテレビゲームを製造し販売する、任天堂株式会社がウェブサイトを更新。

同月19日に更新される、製品の修理サービスおよび、保証規程についてアナウンスしました。

製品の交換や修理についての規定などの追加とともに、カスハラについての項目が加えられたのです。

※写真はイメージ

任天堂は同ウェブサイトで、修理品に関する問い合わせの際、社会通念上相当な範囲を超える行為は控えるよう次のように呼びかけました。

修理品に関する問い合わせをいただく際に、お客様のご要望を実現するための手段として、社会通念上相当な範囲を超える行為(下記のとおりですが、これに限りません)を行うことはご遠慮ください。これらの行為があったと当社が判断した場合、交換または修理をお断りさせていただく場合がございます。更に、当社が悪質と判断した場合には、警察・弁護士等に連絡のうえ、適切な対処をさせていただきます。

Nintendo ーより引用

なお、任天堂は『社会通念上相当な範囲を超える行為』に該当する項目として、以下の7つを示しています。

・威迫・脅迫・威嚇行為
・侮辱、人格を否定する発言
・プライバシー侵害行為
・保証の範囲を超えた無償修理の要求など、社会通念上過剰なサービス提供の要求
・合理的理由のない当社への謝罪要求や当社関係者への処罰の要求
・同じ要望やクレームの過剰な繰り返し等による長時間の拘束行為
・SNSやインターネット上での誹謗中傷

Nintendo ーより引用

侮辱、人格を否定する発言、同じ要望やクレームでの長時間の拘束行為など、カスハラに該当する項目を明確に示した任天堂。

任天堂の『カスハラ対策』を知った人たちからは、ネット上で称賛の声が上がっています。

・さすが任天堂。素晴らしい対応だ。

・任天堂の顧客層は幅広いだろうから、カスハラの項目を追加するのはかなり勇気のいる決断だったと思う。

・こういう企業が増えてほしい。お客様は『神様』ではないものね。

・逃げられない電話担当者に、怒鳴ったり罵倒したりで当たり散らす人がいるのでしょうね…。接客業全社で後を追うべき。

顧客の想いを汲み取り、『神対応』と呼ばれるほどの手厚いサポートを行っている企業として知られる同企業。

残念なことに、理不尽な怒りや過度の要求を行う客はどんな企業にも現れているのが現状です。

任天堂は、大切な従業員の心を傷付ける可能性があるカスハラを見過ごせなかったのでしょう。

こうしたカスハラ対策が、より多くの企業で取り入れられることを多くの人が願っています。


[文・構成/grape編集部]

出典
nintendo

Share Tweet LINE コメント

page
top