grape [グレイプ] lifestyle

静電気にはハンドクリームとシルク? 試してみた結果は…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ドアノブに触れた時や衣服を脱ぎ着する時に起こる静電気。

『パチッ』という音と不快な痛みに悩まされる人も多いのではないでしょうか。

そんな不快な静電気ですが、ちょっとした対策で防げるようになりますよ!

静電気ってなんで冬に起きるの?

そもそも静電気は、電気のバランスが崩れた時に発生するもの。

私たちの服や肌には、プラスとマイナスの2種類の電気が宿っていて、普段はバランスを保っています。

しかし、服がこすれたり物を触ったりすることで摩擦が生じ、バランスが偏って静電気が起きるのです。

ところが、冬以外の季節では、服がこすれてもあまり静電気が発生しないのは不思議ですよね。

なぜ冬に静電気が起きやすくなるのでしょうか。それには乾燥が大きく関係しています!

水は電気を通すので、空気中の水分量が少ないと放電されにくい状態に。

逃げ場がなくなった静電気は肌や服に帯電し、摩擦が起きた時にバランスを崩しやすくなります。

そのため空気が乾燥する冬は、静電気が発生しやすいのです。

冬服のコーデにも要注意!

特に冬は重ね着するため、帯電と摩擦が頻繁に起こりがち。

冬はダウンにニットなど、異素材の組み合わせで、コーディネートすることも多いですよね。

しかし、下の写真のような、ニットと綿のTシャツという異素材の重ね着も、静電気を起こす原因になるのです…。詳しくは記事の後半で解説しています。

ネット上でもこんな声がみられ、もはや静電気が冬の風物詩になっている模様です。

・着替える度に静電気がバチバチっとくる!もう冬なんだと思う。

・髪が静電気でモサァとなってるのを見て冬を感じた。

静電気を感じないようにするためには、身体や服に静電気をためないよう、外へ逃がすことがポイント。

早速、今からできる静電気対策をチェックしていきましょう!

部屋を加湿する

まず、部屋を十分に加湿しましょう。

空気中の水分を増やすことで、静電気が逃げやすくなります。加湿器がおすすめですが、ない場合は濡れたタオルや水の入ったコップを部屋に置いてみてください。

静電気を感じやすい体質の筆者。そこで、実際に水の入ったコップを置いて試してみました!

加湿器ほどの即効性は感じませんでしたが、静電気を感じにくくなった気がします。

肌を保湿する

肌が乾燥しやすい人は、クリームなどで保湿することが大切!ハンドクリームをこまめに塗るのがおすすめですよ。

ちなみに髪の毛も静電気を溜めやすいので、ヘアオイルなどでケアしてあげるといいでしょう。

同素材の服を着る

前述したように、コーディネートを工夫することも静電気対策に効果的!素材によって帯電する電力が違います。

プラスとマイナスの差が大きいほど静電気が発生しやすくなるので、なるべく『ウールのマフラーにウールのコート』といった同素材を身につけるといいですよ。

「衣類の組み合わせを考えるのは面倒…」という人は、帯電しにくい天然繊維の綿や麻、シルクを選ぶといいかもしれません。

「ほかの素材より値は張るけれど、枕カバーを買うならシルク一択。静電気も起きにくいし髪にも優しいし、いいことだらけ」と、シルク一択の人もいるようです。

筆者も静電気対策として、なるべくシルク素材のアイテムを使うよう心がけています。写真は、筆者愛用のシルク素材の枕カバーです。

柔軟剤を使う

また、柔軟剤を使って洗濯するのもおすすめです。柔軟剤の多くには繊維の摩擦を減らすとともに、表面に電気を逃がす層をつくる効能が!

ただ、洗濯機いっぱいに衣類を詰め込むと効果が半減するので注意が必要ですよ。

柔軟剤を使って洗濯したら、あとはいつも通り干すだけ!

ちょっとした工夫と対策で、静電気を防ぐことができそうですよね。

よい香りのクリームや柔軟剤を選べば、気分もアガって一石二鳥!冬の静電気に悩んでいる人は、ぜひ今から試してみてください。


[文/キジカク・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top