grape [グレイプ]

「博物館に展示すべきレベル!」 完成度が高過ぎるピタゴラ装置に没頭する人が続出

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

ピタゴラ装置とは、簡単に言うとからくり装置のことで基本的には運動力学に基づき、自動で動くように計算されています。

海外でもルーブ・ゴールドバーグ・マシンなどと呼ばれ、親しまれているようですね。

製作期間はなんと3年間!

そんなピタゴラ装置に3年もの歳月を費やした男性がいます。彼の名前はBen Tardifさん。

Marble Mountainと名付けられたこの装置は、横幅が約3.6m、奥行きと高さが約2.4mという大作。7分と多少長めですが、ずっと見ていたくなるような興味深い動画です。ぜひご覧ください。

美しささえ感じさせる見事な仕掛け。YouTubeのコメント欄にも称賛と驚きの声が並びます。

「一日中、見ていられるよ。でも、仕掛けの全てを理解し切れない!」
「クールだね!まるでジャングルのような装置だ」
「今まで見た中で最も素晴らしい作品」
「グレイト!科学博物館に展示してもいいくらいだ」

緻密に設計された装置の全容!

ガレージに組み立てられた装置の全体像です。

20842_01

こんな仕掛けが全部で25個も組み込まれています。

20842_02

そして、こういった通路が32本。

20842_03

マーブルと呼ばれる銀色の玉は下まで行くと、このシステムで自動的に上へと運ばれます。

20842_04

直径約1.2cmのマーブルは約1分間で、この巨大装置を1周します。使われているマーブルの総数は300。これにより仕掛けを通過して行くマーブルを、連続して眺めることができるというワケです。

個人で作り上げたとは思えない完成度。時間を忘れて見入ってしまいますね!

出典
Marble Mountain, a themed marble machine

Share Tweet LINE コメント

page
top