「頭が良くても悪くてもいい。まわりを喜ばせられるなら」 美しい詩『どちらでもいい』が心に響く

田口久人(たぐち・ひさと)さんが、『20代からの自分を強くする「あかさたなはまやらわ」の法則』という著書の中で紹介した美しい詩。

現在、FacebookやInstagramなどで注目を集めています。

『どちらでもいい』

友達は多くても少なくてもいい
本音を話せる人がいるなら

年収は高くても低くてもいい
幸せに過ごせるなら

家は広くても狭くてもいい
自分に合っているなら

モノを増やしても減らしてもいい
大切なものがわかっているなら

頭が良くても悪くてもいい
まわりを喜ばせられるなら

性格は明るくても暗くてもいい
個性の1つだから

化粧は厚くても薄くてもいい
自分の魅力が伝わるなら

子供は褒めても叱ってもいい
愛情が伝わっているなら

夢は小さくても大きくてもいい
叶えられるなら

人生は短くても長くてもいい
本当に後悔をしないのなら

20代からの自分を強くする「あかさたなはまやらわ」の法則 ーより引用

一般的に「どちらでもいい」という言葉は、「決められない」「責任を丸投げしている」など、ネガティブなニュアンスで使われることも多くありますが、この詩の中での「どちらでもいい」は「本質ではないことは、どちらだっていいんだよ」という意味合いなのでしょうか。

とてもポジティブな表現として使われています。

この詩に共感した多くの人が絶賛のコメントをSNSに投稿しています。

  • すーっと自然に心に染み渡りました。素晴らしい詩です
  • 表面的なことに踊らされてはいけないと教えてもらった気がします
  • 気分が落ち込んだ時に読ませてもらってます!

「悩んだ時や落ち込んだ時に読みたくなる」という人の気持ちがよく分かる素晴らしい詩ですね!

出典
amazon

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop