grape [グレイプ]

22年据え置きだった郵便はがきの料金がついに値上げ これも時代かと物悲しい

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2017年6月1日(木)から、郵便物(第二種郵便物・定形外郵便物)とゆうメールの料金が改定されます。

郵便料金改定の詳細

第二種郵便物(はがき)

52円から、62円に引き上げられます。なお、年賀はがきの料金は52円で据え置かれます。

料金の区別 現行料金 新料金
通常葉書 52円 62円
往復葉書 104円 124円
年賀葉書 52円 52円

定形外郵便物

規定のサイズが設けられ、それに収まるかどうかによって料金が分かれます。

重量 現行料金 新料金
規格内 規格外
50gまで 120円 120円 200円
50g超
100gまで
140円 140円 220円
100g超
150gまで
205円 205円 290円
150g超
250gまで
250円 250円 340円
250g超
500gまで
400円 380円 500円
500g超
4kgまで
600円 570円 700円
4kg超
2kgまで
870円 取扱なし 1020円
2kg超
4kgまで
1180円 取扱なし 1330円

ゆうメール

ゆうメールは3kg以内の冊子とした印刷物やCD・DVDが安価に送れるサービスです。定形外郵便物と同様に、既定のサイズが設けられます。

重量 現行料金 新料金
規格内 規格外
150gまで 180円 180円 265円
150g超
250gまで
215円 215円 305円
250g超
500gまで
300円 300円 400円
500g超
1kgまで
350円 350円 450円
1kg超
2kgまで
460円 取扱なし 560円
2kg超
3kgまで
610円 取扱なし 710円

20年据え置かれていた料金がついに値上げへ

郵便料金はこれまで、2014年の消費税増税時を除いて、値上げすることなく22年間据え置かれていました。しかし、郵便物の減少が続き、人件費の単価が上昇するなどの理由から郵便事業の収支が悪化し、今回の料金改定となりました。

宅配業者各社が抱える再配達などによるコスト増は、日本郵便も例外ではありません。

「ハガキは50円(52円)で送れる」というのは、長い間当たり前のように認識していた方が殆どでしょう。

料金の値上げは利用者にとっては残念なこと。ですがそれ以上に、時代の移り変わりに少し物悲しさも覚えます。


[文・構成/grape編集部]

出典
日本郵便

Share Tweet LINE コメント

page
top