grape [グレイプ]

見た目が変わった飼い主を警戒していた犬 しかし、匂いを嗅いだ瞬間

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

アメリカのノースカロライナ州に住む、シェーン・ゴッドフリーさん。彼は、インフルエンザの合併症により、5週間も入院していました。

無事に退院したシェーンさんは、退院の日に愛犬のウィリーと再会できることを心待ちにしていました。

しかし、彼にはある気がかりが…。

それは、入院中に体重が20kg以上も落ち、見た目が激変してしまったことでした。

自分の見た目が変わっていても、ウィリーは覚えてくれているだろうか。

その不安は的中し、以前と大きく見た目が変わったシェーンさんを、ウィリーは強く警戒しました。

どんなにシェーンさんが呼びかけても、ウィリーは遠くから吠えるだけで、なかなか近づこうとしません…。

やはりダメか…。

シェーンさんが諦めたように、肩を落とした時のこと。ウィリーが、おずおずとシェーンさんの元に近づいてきたのです。

そして…?

ウィリーは、長年連れ添ったシェーンさんの匂いを忘れてはいませんでした。

シェーンさんに近づいて匂いをかいだ瞬間、本人だと確信し、興奮した様子ですりよってきたのです!

無事に思い出してもらえて安堵したシェーンさんが、嬉しそうにウィリーをなで回す姿を見ていると、こちらまで幸せな気持ちになってきます。

その後、シェーンさんが再会の様子を自身のFacebookで公開したところ、大きな反響を呼び、たくさんのコメントが寄せられています。

  • この動画を見たことで、すごく満たされた気持ちになったよ。本当にありがとう。
  • 犬は嗅覚が鋭いからね。匂いが記憶と直結しているって聞いたことがあるよ。
  • 感動の再会ね!
  • お互いの強い絆を実感する光景だね。

こうして、無事に再会を果たしたシェーンさんとウィリー。現在は、離れ離れになっていた期間を埋めるように、いままで以上に共に過ごす時間を大切にしているといいます。

いつまでもお幸せに!


[文・構成/grape編集部]

出典
Shane Godfrey

Share Tweet LINE コメント

page
top