grape [グレイプ]

元気を失くした94歳のおじいさん 1匹の猫が、人生を大きく変えた

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

日本とロンドンを拠点に活動している、写真家のデュポン洸子(あきこ)さん。彼女には、94歳の祖父がいます。

第二次世界大戦が終戦してから、64年間家族のために働いてきたおじいさん。いつも元気で、とても明るい性格の持ち主でした。

しかし2009年のある日、おじいさんは身体を壊し、入院してしまいます。

生活が一変してしまった、おじいさん。穏やかだったはずの性格は頑固になり、徐々に笑顔が消えていきました。

94歳の人生を変えた、1匹の猫

そんな中、アキコさんは『きなこ』と名付けられた1匹の猫を飼い始めました。

きなこは、気付けばおじいさんに懐いていました。

いつも一緒にいるようになった、おじいさんときなこ。アキコさんは、そんな1人と1匹の姿を撮影するようになりました。

いつしかそれらの写真の枚数は増え、アキコさんは『きなことじいじ』という作品として、ウェブサイトに掲載します。

きなこのおかげで、元の明るい性格を取り戻したおじいさん。

毎日一緒に食事をして、遊んで、昼寝をする…そんな生活が、おじいさんに『生きる喜び』をもたらしたのでしょう。

アキコさんは、こういいます。「2人は、強い友情で結ばれています」…と。この絆は、永遠に切れることはないでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
Akiko DuPont | Documentary photographer

Share Tweet LINE コメント

page
top