grape [グレイプ]

大御所「オタクの精神状態って正しいよね」 その理由に、なるほど!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

オタクという言葉は、1970年代に日本で生まれました。

簡単にいえば、大衆文化の愛好者のこと。

アイドルオタクや鉄道オタクをはじめ、格闘技やアニメに音楽など、あらゆるジャンルに『オタク』が存在するといっても過言ではありません。

そんなオタクについて、作詞家であり、漫画原作者でもある小池一夫(@koikekazuo)さんが語り、注目を集めています。

ひと昔前までは、「変わり者」というイメージもあったオタク。

しかし、小池先生はそう考えてはいないようです。

「オタクの精神状態は正しいと思う」と語る小池先生。

その理由を次のように表現します。

好きなモノになるべく触れていたいという当たり前すぎる感情。

人がどういおうと、自分は幸せ。

一方で、最近増えてきたといわれる、こんな人たちについて暗に言及しています。

しかし、世の中には、嫌いなモノや人を監視して、文句をいうのが楽しい人もいる。

嫌いな人やモノをいつも監視して「何かあったら文句をいってやろう」と考えているような人たち。クレーマーなどが、こういった人たちだといえるでしょう。

そして、小池先生は「オタクのほうが幸せだ」と結論付け、最後に理由をこう表現しています。

自分のモノサシで幸せを計っている

!!!

2017年5月に80歳を超えたいまでも、精力的に動き続ける大御所の言葉は、多くの人をドキッとさせました。

  • 小池先生の言葉にいつも勉強をさせていただいています。
  • 確かに嫌いなモノは見なければいい。そんな当たり前のことを理解できない人が多すぎる。
  • オタクの精神状態が正しい。とてもステキな考え方だと思います。

好きなものにいつも触れていたいと思う感情は、当たり前のもの。

一方で、嫌いなモノや人を監視し続けるという行為は、精神的に健康とはいえません。

自分がそんな状態に陥っていないか…そう考える機会を小池先生が与えてくれたのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@koikekazuo

Share Tweet LINE コメント

page
top