grape [グレイプ]

「少しは自覚したほうがいい」 命知らずの『自転車ドライバー』が多すぎる!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

漫画家の千田純生 (@chidajunsei3163)さんが見かけたという、危険な『自転車を運転する人』が多くの人を震え上がらせています。

サッカー観戦の帰り、投稿者さんは試合と同じか、それ以上に気を引き締めたといいます。彼には、こんなミッションが待っていたからです。

雨が降る夜に、自転車で帰宅しなければならない。

ただでさえ暗くて見にくい夜道。雨が降っていれば、視界はさらに奪われます。

ほかにもタイヤがスリップしやすいなど、気を付けることが山ほどあるのが夜間・雨天時の自転車走行。

投稿者さんはレインコートに身を包み、ライトはフル装備。車や歩行者から、しっかりと認識される格好で挑みました。

すると、度肝を抜かれるような人たちに遭遇したというのです…。

君たち、死にたいの?

  • 無灯火で、スマホを見ながら走ってくる人。
  • 傘をさし、無灯火で逆走してくる人。
  • 黒いスーツに黒い傘、さらに無灯火運転の人。

「ウソでしょ!?」と思ってしまうほど、危険な自転車を運転する人ばかりです!

投稿者さんと似た経験をした人は多く、この漫画にさまざまなコメントが寄せられています。

  • バスの運転手ですが、ライト点灯の意味を理解していない人が多いですね。何とかしてほしい。
  • 学生のころは無灯火運転などしてしまっていましたが、大人になって運転すると、どれだけ危険かが分かります。
  • 「ライトつけなくても見えるし」とかいう人が多すぎる。そういう問題じゃない!

こちらは、JAFが公開している夜間・雨天時の自動車運転の様子です。車からの景色がどれだけ見にくいのか、改めて確認してみてください。

これだけ明るい場所でも歩行者が見にくく、自動車のドライバーがどれだけ注意して運転せねばならないかが分かります。

公道を走る以上、危険運転をすれば誰かの命を危険にさらします。しっかり法令を遵守し、違法な運転は行わないよう改めてお願いします。


[文・構成/grape編集部]

出典
@chidajunsei3163危険予知トレーニング 夜間編 その4

Share Tweet LINE コメント

page
top