grape [グレイプ]

「君は輝く希望の星だ!」 まんまるな巨体から、ダイエットで変わった猫

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:I am Skinny the Cat

可愛いからといって、猫が欲しがるままに食べ物を与えてはいけません。

それは、とんだ悲劇を生み出します。

なんでしょうか、このタルのような生き物は?

丸いフォルムはいくら可愛いとはいえ、健康に悪影響を及ぼすのは必至。

肥満体型の猫には、特別プログラムを受けてもらわなくてはなりません。

獣医の手厚いフォロー

獣医師である女性、ブリトニー・バートンさん。彼女は、水陸両方のルームランナー、栄養補助食品、鍼灸など、先進的なペットケアを提供する『癒しの動物病院』に勤めています。

彼女は、保健所にいた肥満体型の猫、スキニーを引き取り、ペットケアの知識と技術を駆使して、ダイエットさせようと決意しました。

そう、先ほどの『タルのような猫』がスキニーです!

スキニーは2012年9月の時点で、体重が約18.6キログラム。一般的な猫の体重が3~5キログラムであることから考えると、4~6倍の体重ということになります。

これでは、満足に動けません…歩いても、数メートルでへたり込んでしまいます。「もっと自由に動ける体にしてあげたい」というブリトニーさんの思いは、スキニーに届くのでしょうか。

スキニーの涙ぐましいエクササイズ光景をご覧ください。

お腹のお肉が邪魔で、まったく友だちに反撃できない、哀れなスキニー…。肉球パンチを浴びるがまま。

スキニーはブリトニーさんの管理の下、以下の4つのトレーニングを繰り返し、動ける体を目指します。

1.陸上ウォーキング

2.腹筋

3.水中ウォーキング

4.ほかの猫と遊ぶ

そしてトレーニングの結果…見事、猫らしい姿を取り戻すことができました!

伸びた皮が胸元に余っているようですが、脂肪が落ちて、健康的な体つきになっています。これなら、友だちとも遊べますね。

いまでは『癒しの動物病院』に来る、ほかの動物たちを指導する先輩に。

「よーし、頑張れ。いい調子だ」「ここまでおいで、君も僕みたいになれる」といっているかのようです。

保健所から引き取られ、健康な体と、自分の居場所や役割を手に入れたスキニー。

「食べ物を与えることだけが、人の愛情表現ではない」ことを、身をもって私たちに教えてくれました。

彼はこれから、ほかの誰かに『健康でいられることの幸せ』と『健康を気遣ってくれる人がそばにいる幸せ』を伝えていくことでしょう。

ブリトニーさんのインタビューも、ぜひご覧ください。スキニーが彼女に懐いている様子がうかがえます。


[文・構成/grape編集部]

出典
Skinny Moves ItSkinny the fat cat.HEAL VETERINARY HOSPITAL 

Share Tweet LINE コメント

page
top