grape [グレイプ]

小学生の息子の宿題に父が絶句!溢れ出る『ジャイアン感』!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

プロeスポーツチーム『CYCLOPS』で大阪チームのゼネラルマネージャーをしている佐加一騎(@queensaki)さん。小学生の息子さんを育てる父親でもあります。

ある日、息子さんがやっていた宿題を目にした佐加さん。

そこには「ジャイアンが書いたの?」と突っ込みたくなる解答が並んでいました。

息子さんの解答…ぜひご覧ください!

文字数を無視!!!

こういった設問では「1枠に1文字」が基本です。

例えば、一番左の設問の場合、先生は「バイオリン」という5文字を入れてほしかったのでしょう。

しかし、息子さんは「バオリン」という4文字を入れて、最後の枠を勝手に潰してしまっています。

ほかの設問でも、自由気ままに枠の数を増減している息子さんの宿題を見て、佐加さんはこうツイートしました。

「オレがルールだ!」といわんばかりの本日の宿題!

確かに、かなり強気な解答であることは間違いありません。

Twitterでも「発想が素晴らしい!」「リアル・ジャイアンか!」と、多くのコメントが寄せられました。

ちなみに、この宿題が先生にどう評価されたかというと…。

思った以上に、正解にしてくれています!

「型にはまらない」という意味で、将来が楽しみな息子さん。先生は、もしかしたら息子さんの「自由な発想」を尊重しているのかもしれませんね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@queensaki

Share Tweet LINE コメント

page
top