grape [グレイプ] trend

「お父さん、息子に懐かれなくて辛いよおッ!」 でも、ある夜に変わった

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:AfroDaddy

父親の悩みの1つに、「子どもが懐いてくれない」というのがあるようです。

例えば、お母さんにだけ子どもが懐いて、お父さんが近付いても、顔を背けられてしまうことも。

そんな親子の関係も、長い時間をかければ、ある日を境に変わることがあるようです。

認められるまで、2年の歳月がかかった!

『アフロ・ダディ』の名前で、Facebookに家族との日常を投稿しているお父さん。

お父さんは、2歳になった息子さんの『ある変化』をFacebookで報告して、大反響を得ています。

息子さんは、生後間もなくのころ、お母さんにはよく甘えましたが、お父さんにはなかなか懐きませんでした。

お父さんが息子さんをあやそうとしても、いつもうまくいかず、「お母さんのところへ行きたい!」と逃げられてしまったそうです。

当時の心境を、お父さんはこう語っています。

愚かで子どもっぽいかもしれないけど、本当に心が折れそうだった。

AfroDaddy ーより引用(和訳)

素直な子どもに、残酷な現実を突き付けられたお父さん。

しかし、ここ数か月で、息子さんに変化が訪れました。たまに、お母さんではなく、お父さんを選んでくれるようになったのです!

そして、2017年9月4日の夜…何かの魔法が起こったのでしょうか。

お母さんの胸の上で眠っていた息子さんが、なんと、お父さんのほうに来て、寄り添って眠り始めたのです!

泣いていた息子さんは、安らぎを得て落ち着く場所に、お父さんを選んだのでした。

お父さんは、自分にピッタリとくっつく息子さんを見て、思わず涙をこぼしました。一方的だと感じていた愛情が、2年経ったいま、返って来たのを確信したのです。

お父さんは自分の体験から、同じように懐かれていないお父さんたちに向けて、次のようなメッセージを送りました。

お父さんは大変ですが、努力が報われる時は来ます。

私の通った道を、あなたも通っているはず。立ち止まらず、突き進んで!それは、やる価値があることです。

あなたがお子さんと奮闘している間、あなたをサポートできるコミュニティがここにあることを、どうか忘れないでください!

AfroDaddy ーより引用(和訳)

メッセージに、多くのコメントが寄せられました!

  • 私の娘も、いまのところお父さんを認めてないわね。
  • お父さんの心境に、泣いちゃう。
  • ようやく、あなたが好かれる番が来た!
  • 子どもには、お母さんが好きな時期と、お父さんが好きな時期があるよ。

子どもの無関心や拒絶に耐えながら、辛抱強く関わり続けたお父さん。

その時間は、決して無駄にはなりません。お父さんの優しさが、少しずつ子どもの中に蓄積されていき、ある日、認めてくれることがあるのです。

『アフロ・ダディ』のお父さんの投稿は、あきらめない大切さを広めました。

熱いエールに励まされて、今日も子どもに愛情を注いでいるお父さんがいることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
AfroDaddy

Share Tweet LINE コメント

page
top