『撮り鉄』による相次ぐルール違反 JR東海がウェブサイトでひと言

※写真はイメージ

JR東海が2017年に会社発足30周年を迎え、鉄道用品などを販売するウェブサイト『JR東海鉄道倶楽部』を10月12日に開設しました。

ウェブサイト開設にあたり、東海道新幹線で活躍していた『700系』車両の部品や、JR東海の運転士や車掌が乗務時に実際に使用した時計などを販売。

人気のあまり、ウェブサイト開設後、わずか1日で商品は売り切れてしまいました。

今後も不定期で、JR東海ならではの商品を用意するそうです。

JR東海に興味があり、鉄道を愛する人なら誰でも入部できる『JR東海鉄道倶楽部』。ウェブサイトには、部活動のルールも書かれています。

その中には、こんな文言が…。

JR東海鉄道倶楽部のスクリーンショット

部員は、鉄道を愛するものとして、鉄道の安全安定輸送を妨げてはならない。

鉄道写真を専門に撮る、通称『撮り鉄』によるルール違反が、社会問題になることがあります。

鉄道愛に訴えかけたJR東海からのメッセージ。しっかりとルールを守りながら、魅力的な鉄道用品の出品を楽しみに待ちたいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
JR東海鉄道倶楽部

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop