「関心を持たない」 平野レミが語る『嫁姑』のありかたに、共感の声

料理愛好家として活躍する平野レミさん。プライベートでは、女優・上野樹里さんの姑でもあります。

2018年2月11日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、平野さんが語った「円滑な嫁姑関係の築きかた」に、共感の声が寄せられています。

円滑な嫁姑の関係を築くには

ロックバンド『TRICERATOPS(トライセラトップス)』のボーカル・和田唱さんを息子に持つ平野さん。

2016年に、息子の和田さんが上野さんと結婚したことで、平野さんは上野さんの姑となりました。

とても良好な嫁姑の関係を築いている、平野さんと上野さん。一緒に息子さんのライブへ行くこともあるのだとか。

番組内で、出演者から「嫁姑関係を円滑にする秘けつは何か」と問われた平野さんは、こんなひと言を口にしました。

関心を持たない!

ボクらの時代 ーより引用

平野さんは「無関心でいることが秘けつ」だと、きっぱり。我が子の私生活には、口を出さない姿勢でいるのだそうです。

「子どもをとられた、という嫉妬心はないのか」と尋ねられた平野さんは、自身の考えを次のように語りました。

うちの息子を、私面倒見なくてよくなってさ。お嫁が全部さ、うちの息子の面倒をさ、みんな見てくれるじゃない。

ありがたいじゃん、すごく。

ボクらの時代 ーより引用

平野さんは、我が子が結婚した現状を「ラクになった」と、しみじみ語ります。

平野さんの考えに、ネット上ではさまざまな立場の人たちが意見を寄せました。

・なかなかこういう考えかたのできる姑って少ない。

・さっぱりとしていて、素敵な考えかただと思う。

・同感。私は姑だけど、息子を「嫁にとられた」と思ったことはないわ。

家庭により、さまざまな形を持つであろう、嫁姑の関係性。

平野さんの「我が子の私生活に無関心でいる」という考えに、たくさんの人が共感しました。


[文・構成/grape編集部]

出典
ボクらの時代

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop