grape [グレイプ]

「家中の餅が消えた」「悪魔の食べ物」平野レミの『明太バター餅』が罪深すぎる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

正月についつい食べ過ぎてしまう、餅。たくさん買いすぎて、冷凍庫に余った餅がパンパン…なんて人もいるのではないでしょうか。

お雑煮や磯辺焼き、きなこもちなど、定番の食べ方もいいですが、ネットで話題のこんなレシピを試してみてはいかがでしょうか。

家中の餅がなくなる!『明太バター餅』

・うますぎて1個じゃ足りない…。

・これは悪魔の食べ物すぎる。

・余っていた家中の餅が一瞬で消えた。

こういった声が上がり、一度作ってどハマりしてしまう人が続出しているという、餅レシピ。それが、バラエティ番組『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)で紹介された『明太バター餅』です。

『明太バター餅』は、料理研究家の平野レミさんが考案したレシピだそうで、ご本人に負けず劣らず、かなりぶっ飛んだおいしさなんだとか!

早速、正月で余った餅を使って試してみることにしました。

作り方は超簡単。耐熱容器に切り餅(1個)、バター(小さじ1)、明太子(小さじ1)、醤油を少々入れます。

ラップをしたら600Wの電子レンジで50秒ほど加熱します。

餅が柔らかくなったら全体をよく混ぜて、海苔に乗せればできあがり。これは…見た目からしておいしいに決まっている…!

たまらずひと口食べてみると…うんっっっっっま!!!!!!!!

バターのコクとぴりっとした明太子が餅に絡んで止まりません!海苔の香りも相性抜群です。

1個どころか永遠に食べていられそう…。餅の食べ方に飽きてしまった方は試してみてはいかがでしょうか。ただし、食欲全開になってしまうこと必至なので、ダイエット中の方はご注意くださいね!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top