grape [グレイプ]

息子と歩いていたら「ねえ、その子、おじさんの子?」 不審者に思われた理由に爆笑

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

子どもに話しかけられた時、その子をよい方向へ導けるような『出来た大人の対応』をしたいものです。

作家の朱雀新吾(@jackinjackjapan)さんも、しっかりと子どもと向き合うタイプだったのですが…自分の落ち度が大きすぎて、多くの人を笑わせてしまいました!

勇敢な少年の指摘

ある日、朱雀さんは小学校1年生の息子さんと一緒に外を歩いていました。

学校から家に帰る途中で迷子になってしまう息子さんのために、下校の練習をしていたのです。

すると…。

ねえ、その子、おじさんの子?

※写真はイメージ

小学校高学年くらいの男の子が、軽い感じで尋ねてきました。

何か不審なものを感じたのでしょうか。

男の子の発言に、朱雀さんは感動しました。

小さな英雄に尊敬の念を抱き、朱雀さんは「この子はおじさんの子どもだから大丈夫。きみはとても勇気がある子だね」と男の子を称えつつ、大切なことを伝えました。

「でも次からは近くに大人がいるか、確認して声をかけてね」

それに対し、男の子は素直に「うん、ごめんなさい」と答えます。

しかし、次のひと言が朱雀さんに衝撃を走らせました!

でもおじさんも、そんな変な格好はダメだよ

えっ…変な格好なんかして…。

それでは、朱雀さんが男の子に不審者扱いされた時の服装をご覧ください。

変な格好してるじゃないですか!!

朱雀さんは、自分の作品を宣伝するTシャツを普段使いしていたのです!

そのため、Tシャツには『異世界落語』の文字がありました。

しかも、ズボンも将棋の模様…!

不思議な雰囲気が漂いすぎていて、これは声をかけずにはいられないでしょう!

まさかの落ち度に、多くの人が笑ってしまいました。

【ネットの反応】

・変な格好してる~!

・見かけで人を判断するなっていいますけど、そりゃダメですわ。

・「近くに大人がいるか確認してから」のくだりは、素晴らしいんですけどね!

登下校途中の子どもが犯罪の被害に遭う、痛ましい事件は後を絶ちません。

事件の報道があれば、親はもちろん心配しますが、子どもたちの中にも「周囲をよく見るようにしよう」と気を引き締める子がいるようです。

とても頼もしいこと…ですが、まさかこんなオチがあるとは思いもしませんでしたね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@jackinjackjapan

Share Tweet LINE コメント

page
top