grape [グレイプ]

「これは酔っ払いも運べそう」 自衛隊直伝の『意識のない人を運ぶ方法』

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

行楽日和が続く季節になると、キャンプやピクニックなどの外出が増えます。

一方で、山に行ってハチに刺されたり、足をくじいたりして動けなくなってしまうといった、突然のアクシデントに見舞われる機会も。

そんな時に知っていると役に立つ、自衛隊式『ケガ人の運びかた』をご紹介します。

1人でも2人でも

災害や大規模な事故が起こった際に、先頭を切って支援活動をする自衛隊。負傷者を運ぶことも多くあります。

プロが教える運搬方法がこちらです。

さらに2人で運ぶ場合は、このように抱えるといいようです。

街中なら、泥酔してしまった人などを運ぶ時に活躍するかもしれません。

自衛隊の手慣れた運搬方法を見て、ネット上ではこのような声が上がっていました。

・1人で運ぶのは大変そう。意識がない人ってすごく重いんですよね。

・戦争映画で負傷者を救助する時の運びかたで有名ですよね。

・自衛官はやり慣れているんだろうな。やりかたがスマートだ。

・いざという時のために知っておくと便利。ほぼ使わないけど…。

アクシデントはいつ起こるか分かりません。その時になって後悔しないためにも、ぜひ頭の片隅に入れておいてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

出典
けが人の運び方② 一人で運ぶ編けが人の運び方① 二人で運ぶ編

Share Tweet LINE コメント

page
top