grape [グレイプ]

レジで見かけた貼り紙「思わず撮ってしまった」 存在が悲しい

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

飲食店や小売店で、外国人の店員を見かける機会は多いでしょう。

注文をうまく聞き取ってもらえず、困ってしまった経験もあるかもしれません。それでもたいていの人が、なんとかコミュニケーションをとろうと試みます。

しかし、心ない人も少なくはないようです。

レジで見かけた貼り紙『外国人クルーに関してのお願い』

レジで見かけ、思わず撮影した写真をTwitterに投稿したのは、あずき(@ganbarunonkyaha)さん。

『外国人クルーに関してのお願い』と題された貼り紙には、こう書かれていました。

外国人クルーに関してのお願い

当店では外国人留学生が多数勤務しております。

ある程度の日本語はできますが、難しいいい回しや漢字、店舗での複雑な業務などは不得手です。

また、文化の違いにより、とらえかたの相違も出てくることかと思われます。

お客様にはご不便をおかけすることもあるかもしれません。

どの外国人スタッフも、日本に溶け込もうと真面目に、必死に働いております。温かい目で見ていただけたら幸いです。

こちらの都合でお客様にご不便を強いることを、申し訳なく思うとともに、ご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

あずきさんがコメントしているように、外国人店員に対して上から目線で怒鳴ったり、文句をいったりする人がいるのかもしれません。

そういった人がいなければ、貼り紙は必要ないはずだからです。

「話が通じない」「作業が遅い」などの理由で文句をいっている人は、もし自分が、慣れない異国で、おぼつかない外国語で働かなくてはならなかったら…そう想像してみることはできないのでしょう。

あずきさんの投稿には「彼らは日本人よりよっぽど礼儀正しいところがある!」「いつも行く店の外国人店員は、一生懸命勉強して、働いているのがよく分かる」などのコメントが寄せられています。

また、「わざわざ説明しなくてはならないのが切ない…」という声も。

相手の立場を考えない客がいなくなり、この貼り紙が必要なくなることが望まれます。


[文・構成/grape編集部]

出典
@ganbarunonkyaha

Share Tweet LINE コメント

page
top