grape [グレイプ]

デーモン閣下が相撲界に疑問 周囲から「本当にその通り!」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年9月25日に、大相撲の貴乃花親方が『引退届』を日本相撲協会に提出。角界に貢献してきた貴乃花親方の決断は、多くの人々に衝撃をもたらしています。

貴乃花親方は、3月に元横綱・日馬富士から弟子の貴ノ岩が受けた傷害事件に関する告発状を、日本相撲協会に提出。その後、弟子の貴公俊が暴力事件を起こしたことをキッカケに、一度は告発状を取り下げます。

対する日本相撲協会は、8月に「告発状の内容は事実無根」と結論付け、貴乃花親方に通告しました。

それを受け、貴乃花親方は『引退届』を提出。東京都内で行われた記者会見で、引退の理由を「日本相撲協会の対応にある」と説明しました。

記者会見で、貴乃花親方は「告発状の内容は事実無根ではない」と説明するのに対し、日本相撲協会から「認めないと親方を廃業せざるを得ない」などの圧力をかけられたことを明かしています。

デーモン閣下「すっきりしない」

一連の出来事に対し、好角家として知られるミュージシャンのデーモン閣下がブログを更新。

貴乃花親方の記者会見を見て、感じた自身の考えを明かしました。

貴乃花親方が引退を決断するに至った会見での説明は理解できた。

だがその決断の胆となる部分、すなわち親方が春に内閣府に提出し後に取り下げた「告発」の内容を「事実無根」とした相撲協会と、それを認めることは出来ないとした貴乃花親方、両者が決裂した決定的なポイントが分からず、すっきりしない。

吾輩が会見場にいたらそれを聞きたかった。

もしも折り合わない見解があり、かつ自分たちの組織の未来を双方とも進化させたいと考えているのであれば、膝をつき合わせ意見をぶつけ合い是正点や至らなかった部分を互いに顧み、今後の糧として生かしてゆくのが、組織やその構成員としての成熟した姿だが、この案件ではそういう場が設けられなかっただけではなく、雰囲気も存在しなかったことがうかがわれる。

デーモン閣下の地獄のWEBROCK ーより引用

デーモン閣下は、日本相撲協会と貴乃花親方の間に「組織の未来を考えた上で、お互いがちゃんと意見を伝え合うような話し合いの場がなかったこと」を指摘。

続けて、相撲を愛するファンとして、貴乃花親方の引退表明を嘆きました。

貴乃花親方は現役時代名横綱として相撲人気を支え、親方になっても数多くの関取を輩出し協会に貢献してきた。そういう人物の辞め方がこういう形で良いのか疑問を持たざるを得ない…と言うか、我々相撲ファンはちっとも嬉しくない。

「愉快なニュースだ」と思った相撲ファンは果たしているのだろうか?

デーモン閣下の地獄のWEBROCK ーより引用

デーモン閣下の意見に対し、ネット上では「その通り。まずはちゃんと話し合いをしてほしい」「貴乃花親方がこんな理由で辞めるのは本当に残念」といった声が上がっています。

貴乃花親方の引退表明に、ゆれ動く角界。未来を担う若い力士たちや、相撲を応援するファンのためにも、双方の納得がいくような着地点を探ることが望まれています。

貴乃花の引退届提出について、著名人たちのコメント

貴闘力

立川志らく

デーブ・スペクター


[文・構成/grape編集部]

出典
デーモン閣下の地獄のWEBROCK

Share Tweet LINE コメント

page
top