grape [グレイプ]

阪神・淡路大震災から24年… ネット上のコメントに考えさせられる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真は2018年の追悼式のもの

2019年1月17日、6千434人の犠牲者を出した『阪神・淡路大震災』から24年が経ちました。

神戸の街では今年も追悼行事が行われ、地震が起きた午前5時46分に、遺族などが犠牲者へ黙祷を捧げました。

1月17日、ネット上には阪神・淡路大震災に関するツイートであふれていました。

「ボランティア元年」の日

「今のあなたと、あなたの大切な人のために、」

震災は、一瞬で『日常』を破壊する

「うわべは綺麗な質感を得ているが…」

阪神・淡路大震災で痛感したこと

「助け合っていきましょう」

阪神・淡路大震災が起きたのは、1995年のこと。当時を知らない若者も増えてきています。

もう24年、まだ24年…どんなに年月が経とうとも、震災で大切な人を失った心の傷は癒えません。遺族の中には、記憶の風化を危惧する声も…。

私たちは、あの震災で何を失い何を得たのかでしょうか。当事者の気持ちを、次の世代に繋いでいくことが今後大切になってきます。


[文・構成/grape編集部]

出典
@MPD_bousai@kobekoho@koikekazuo@Kitsch_Matsuo@FIFI_Egypt@kanpeitter震災24年、「生」の文字に市民ら祈り

Share Tweet LINE コメント

page
top