grape [グレイプ]

エリザベス女王が92歳で始めたこととは?「記念すべき瞬間!」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE コメント

手軽に写真や動画をシェアできる人気のSNS『Instagram』。2010年のサービス開始以来、世界中で利用者は増え続けています。

2019年3月7日、ある人物がInstagramに初めて投稿をして、大きな話題となっています。

インスタデビューを果たしたその人は?

初めてInstagramに投稿をしたのは、イギリスのエリザベス女王!

この日、ロンドンにある科学博物館を訪れた女王は、展示されていた1通の手紙に目を留めたといいます。

手紙は1843年に書かれたもので、イギリスの数学者チャールズ・バベッジからヴィクトリア女王の夫アルバート公に宛てたものでした。

本日、私は科学博物館を訪れ、1843年に私の高祖父であるアルバート公に宛てて書かれた手紙を発見し、興味をもちました。

theroyalfamily ーより引用(和訳)

エリザベス女王はこの手紙の写真をイギリス王室の公式アカウント『theroyalfamily』に投稿。投稿に添えられた文章の最後には『Elizabeth R.』と記されています。

海外メディア『The New York Times』によると、女王は科学博物館の中にあるiPadを使って初投稿を行われたのだそう。

Instagramには、女王が投稿した記念すべき瞬間をとらえた動画も紹介されています。

女王が『シェア』ボタンを押すと、館内のスクリーンに投稿画面が映し出されて、その場にいた人たちから大きな拍手が沸き起こりました。「完璧です」といわれて女王もニッコリ。

この投稿にはたった1日で25万を超える『いいね』がつき、「ワオ!なんてクールなんだ!」「女王様、ようこそInstagramへ!」といった祝福コメントが殺到しています。

現在92歳のエリザベス女王は、1976年に初めて電子メールを送信。その後は2014年にTwitterデビューをして話題になりました。

イギリス王室の公式Instagramアカウントは2019年3月8日の時点で、約490万人がフォローしています。また、FacebookやTwitterにも公式アカウントがあります。

ただ最近、これらのアカウントにキャサリン妃やメーガン妃を中傷するコメントが相次いだことから、イギリス王室はガイドラインを公表。ユーザーに対して「礼儀や思いやり、敬意を持ってほしい」と求めています。

たくさんの人たちを興奮させた、エリザベス女王のインスタデビュー。今後、女王がどんな投稿をされるのか楽しみですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
theroyalfamilyThe New York Times

Share Tweet LINE コメント

page
top