grape [グレイプ]

『ある親子の人生』を描いたアニメーション 切ないラストが、心に刺さる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

イラストやアニメーション作品などを手がけている、6 3 サ ン(@romisan_desu)さん。

2019年3月20日にTwitterで公開したアニメーションが、10万人以上の心をとらえています。

愛には代償があるよね

アニメーションに登場するのは1組の家族。両親が1人娘を愛情持って育てていきます。

娘が人生で挫折を味わい、一時期グレてしまった時も両親は支え続け、社会人になるまで見届けたのですが…。

力尽きたかのように、ベッドに横たわる両親。その姿に涙を流していた娘は、自分の『ハート』を両親に差し出すことを選んでしまいます。

起き上がった両親が見たのは、ベッドに倒れ伏す娘の姿。切ないラストについて、作者は次のように語っています。

「娘がドナー登録して、自分の心臓を両親にあげた」「娘は両親の介護で疲れ切ってしまった」など、さまざまな解釈が可能な作品です。

アニメーションを見た人の解釈

【娘は亡くなった派】

・親も子も、大切な人のためには命をかける。

・親より先に死ぬのは親不孝だけど、それでも娘は両親を助けたかったんだね。

・この作品の娘と同じような人生だった。私がこの子だったら死んでると思う。

【娘は生きている派】

・ハートがなくなっても死ぬのではなく、力尽きるだけ。しばらくすれば回復するのだと信じたい。

・娘はお見舞いに疲れて眠っているだけだよ…きっとそうだよ…。

・ハートは巡る。娘の恋人が、ハートをくれて助かるはず!

多くの人が涙を流したアニメーション。作品には、「愛に代償はあっても見返りは求めていないんだよ」「自分の親をもっと大事にしようと思った」などのコメントも寄せられています。

親子の愛について、改めて考えさせられる作品ですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@romisan_desu

Share Tweet LINE コメント

page
top