grape [グレイプ]

平野レミさんの夫、和田誠さん亡くなる 『文芸春秋』の表紙ら作品多数

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

料理家の平野レミさんの夫で、イラストレーターの和田誠さんが2019年10月7日に肺炎で亡くなっていたことが分かりました。83歳でした。

雑誌『週刊文春』をはじめ、さまざまな雑誌や本の挿絵などを手掛けてきた和田さん。イラストレーターとして活躍するかたわら、映画監督もしており、真田広之さん主演の映画『麻雀放浪記』などの映画を手掛けてきました。

和田さんの名前は知らなくとも、手がけた作品を見たことがある人は多いことでしょう。和田さんの訃報に、ネット上では悲しみの声が寄せられています。

・星新一さんの本の表紙も担当されていましたよね。大好きなイラストレーターさんでした。

・映画『怪盗ルビィ』が好きだったなぁ。

・和田誠さんのエッセイが好きでした。

また、和田さんの妻である平野レミさんを気遣う声も。

平野レミさんは同月11日に事務所を通じてコメントを出しており、そこには和田さんに対する感謝の思いがつづられていました。

以下、平野レミさんのコメント全文です。

 1年ほど前から体調を崩し自宅で療養していました。7月より都内の病院に入院していましたが、肺炎を患い、最後は家族みんなに見守られながら、安らかにお別れをしました。

 肺炎を患ってからはご飯を食べられなかったので、和田さんが好きなご飯をたくさん作って、安らかな顔の横に置いてあげました。

 最後の料理を作っている時はすごく幸せで、「私にとっての一番の幸せは、和田さんにご飯を作ることだったんだ」とあらためて気付きました。47年間、私の料理を美味しい美味しいって食べてくれて、本当にありがとう。安らかにね。

サンケイスポーツ ーより引用

人々の印象に残る作品を数多く世に送り出してきた和田さん。その作品は、これからも多くの人に感動を与え続けてくれることでしょう。

和田誠さんのご冥福をお祈りいたします。


[文・構成/grape編集部]

出典
サンケイスポーツ

Share Tweet LINE コメント

page
top