grape [グレイプ]

彼氏とイチャイチャしたい! 彼だけに見せる行動と愛される方法を紹介

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

あなたが「彼氏とイチャイチャしたい」「もっと彼氏と一緒にいたい」と感じるのはどんな時ですか?

この記事では女性が彼氏とイチャイチャしたい瞬間や、彼氏にいつまでも愛される彼女でいる方法について紹介します。ぜひご覧ください。

彼氏とイチャイチャしたくなる瞬間は?

せっかく恋人同士になれたんだから、大好きな彼氏とイチャイチャしたいですよね。

恋愛経験の少ない男性の中には、「スキンシップをして彼女に嫌がられたらどうしよう」という不安や恐怖心から、積極的に彼女に愛情表現をすることが苦手という人もいます。

こうした男性にお悩みの女性もいるでしょう。

ここではまず、世の女性たちが彼氏とイチャイチャしたくなる瞬間を4つピックアップして紹介していきます。

彼氏とイチャイチャしたくなる瞬間1:癒されたい

彼氏とイチャイチャしたくなる瞬間としてまず紹介したいのが、彼氏に癒してもらいたい時です。

つらいことや悲しいことがあると、「愛する彼氏に優しく抱きしめてもらいたい」「スキンシップをして元気をもらいたい」と考えることでしょう。

特別何かあったというわけではないけれど、なんとなく元気が出ない時にも、彼氏とイチャイチャして癒してもらいたいと感じることも多いはずです。

彼氏とイチャイチャしたくなる瞬間2:久々に会った

「会えない時間が愛を育てる」という言葉があるように、愛する彼氏と長い間会えず、久々に再会した時には気分が盛り上がるものでしょう。

そんな時は彼氏に思いっきり抱きついたりキスをしたりと、イチャイチャしたくなるのも当然です。

特に遠距離カップルの場合、普段はなかなか直接会えないので、いざ会えた時には気持ちが盛り上がり、思いっきり彼氏とイチャイチャしたいと感じるに違いありません。

実際に、久々に会ったと思われるカップルが空港のロビーでハグをしたりスキンシップを取ったりしている姿がよく見られます。

彼氏とイチャイチャしたくなる瞬間3:肌を重ねたい時

彼氏とイチャイチャしたくなる瞬間として忘れてはならないのが、彼氏と肌を重ねたい時です。

当然ながら女性にも性欲はありますし、愛する彼氏が相手ならば深く愛し合いたいと思うものでしょう。

ですが、「自分から誘うのが恥ずかしい」と感じる場合には、彼氏とイチャイチャして、いい雰囲気を作ってから自然とベッドインする流れを作りたいと考える女性も少なくありません。

彼氏とイチャイチャしたくなる瞬間4:喧嘩をした後

喧嘩をした後に肌を重ね合うと、とてつもなく盛り上がるといいます。

女性の中には、「喧嘩をした後には彼氏とイチャイチャしたい」と感じる人も少なくありません。

喧嘩をするとお互いに一時的にネガティブな感情を持ってしまうものですが、だからこそ喧嘩が終わった後には仲直りとしてハグをしたりキスをしたりして、ひびが入りかけた2人の仲を修復し、さらにラブラブな関係になりたいと願うのでしょう。

彼氏と喧嘩をして仲直りをしたい女性は、喧嘩直後の気持ちが高ぶっている時は避けて、お互いに気持ちが落ち着いた段階でさりげなくスキンシップをすることをおすすめします。

彼氏が大好きだと感じる瞬間7選

以上で紹介してきたように、あまり自分から積極的に愛情表現をしない女性であっても、心の中では愛する彼氏ともっとイチャイチャしたいと考えているものです。

では、そんな女性はどんな時に彼氏への愛情を再確認し、「やっぱりこの人が好きだなあ」と感じるのでしょうか。

ここからは、女性が彼氏を大好きだと感じる瞬間について見ていきましょう。

彼氏が大好きだと感じる瞬間1:支えてくれた時

彼氏が大好きだと感じる瞬間としてまず紹介したいのが、自分を支えてくれた時です。

強くタフな女性であっても、心のどこかでは「彼氏に優しく守られたい、支えられたい」という願望を抱いています。

つらい時や悲しい時、あるいは1人で乗り越えるのが難しい困難に直面した時に、彼氏がまるで自分のことのように感じて親身に寄り添ってくれたならば、「やっぱり私にはこの人しかいない」と彼氏への愛情を再確認することでしょう。

大変な時に支えてくれた彼氏のことをもっと好きになるだけでなく、ずっと感謝の気持ちを忘れないはずです。

彼氏が大好きだと感じる瞬間2:優しさが見えた時

彼氏の優しさに触れた時も、彼氏への愛情を再確認する瞬間として挙げられるでしょう。

例えばちょっとだけ体調が悪い時、こちらの異変を見逃さずに「大丈夫?体調が悪いんじゃない?」ときちんと見抜いて優しく気遣ってくれたり、差し入れをしてくれたりしたならば、彼氏の優しさに感動して「この人が大好きだなぁ」と感じちゃいますよね。

どんなに付き合いが長くても彼女への思いやりを忘れない、優しく接する男性にキュンときちゃいます。

彼氏が大好きだと感じる瞬間3:大切にしてくれていると感じた時

人は、自分のことを大切にしてくれる相手に対して自然と好感を抱くものです。

彼氏に大切にしてもらっているという実感が得られれば、彼氏のことが大好きになるでしょう。

例えば「ちょっと体調が悪い」と口にしただけなのに、仕事を切り上げてまでわざわざ自分の様子を見に来てくれたならば、「彼氏に大切にしてもらって嬉しいな」「愛されているんだな」と感じ、彼氏への思いを再確認するはずです。

彼氏が大好きだと感じる瞬間4:愛情表現をしてくれた時

愛情表現をしてくれた時も、彼氏が大好きだと感じる瞬間として挙げられるでしょう。

日本人男性はシャイで、あまりはっきりと愛情表現をしない傾向にあるため、世の女性たちは「寂しいし物足りない」と不満を抱きがちです。

だからこそ、「大好きだよ」「これからもずっと一緒にいようね」ときちんと言葉にして愛情を伝えてくれたならば、心が満たされ、彼氏のことがもっと好きになります。

シャイな男性にとって、「愛しているよ」と言葉にするのは照れてしまってなかなかできないことです。

そんな男性が精一杯、愛情表現をしてくれる姿を愛おしく感じますよね。

彼氏が大好きだと感じる瞬間5:守ってくれた時

どんなに強い女性であっても、愛する男性に精神的にも物理的にも守ってもらいたいという願望を多少なりとも抱いているものです。

例えば、他人に心ない言葉を浴びせられた時に彼氏がきちんと反論して守ってくれたならば、「私のことを大切にしてくれて嬉しい」と感じて彼氏のことがもっと好きになるでしょう。

また、階段を踏み外したり上から物が落ちてきたりした時などに、身を挺して自分を物理的に守ってくれた時には、彼氏の優しさとたくましさに胸がキュンキュンするはずです。

彼氏が大好きだと感じる瞬間6:自分にだけ見せてくれる顔がある時

自分だけに特別な顔を見せてくれるというのも、彼氏のことをもっと好きになる瞬間の1つに数えられるでしょう。

ほかの人には見せない顔を自分にだけ見せてくれたという特別感と優越感が、女心をくすぐります。

例えば、普段はクールであまり表情を変えることのない彼氏が、自分の前でだけ照れた表情や満面の笑みを見せてくれた時には、「私にこんなにも心を許してくれているんだな」と嬉しく思うはずです。

彼氏が大好きだと感じる瞬間7:SNSに自分の写真を載せてくれた時

特に若い女性に見られる傾向で、彼氏がSNSに自分の写真を載せてくれると、とても嬉しく感じられます。

デジタルネイティブ世代にとって、SNSを通じて恋人に愛情表現をしたり、友達や共通の知人にラブラブアピールをしたりするのは普通のことです。

だからこそ、彼氏がSNSに自分の写真を載せてくれると「友達や知り合いに私との交際をアピールしてくれている」「自慢の彼女だと思ってもらえているに違いない」と感じ、彼氏への愛情をより強く持つようになるのでしょう。

大好きな彼氏の前でついしてしまう行動7選

大好きな彼氏と一緒にいると、つらいことや悲しいことがあっても嫌な気持ちを一時は忘れることができます。また、心から幸せを感じるでしょう。

特に付き合いたての場合には、彼氏と一緒にいられることを嬉しく思いつつも、好きすぎて緊張してぎこちない行動を取ってしまうこともしばしば。

ここからは、女性が愛する彼氏の前でついしてしまう行動を7つピックアップして紹介していきます。「あるある」と思わず共感できるものばかりです。

大好きな彼氏の前でついしてしまう行動1:リアクションが大きくなる

自分の話にきちんと耳を傾けて、適切なリアクションをしてくれる相手に対して人は好感を抱くものです。

だからこそ、愛する彼氏を前にすると、女性は必ずといっていいほどリアクションが大きくなります。

どうでもいい相手ならば適当な相槌しか打ちませんが、大好きな彼氏が相手であれば「自分のことをもっと好きになってもらいたい」「よく思われたい」という心理が働くため、おのずとリアクションも大きくなるのでしょう。

「さすが」「知らなかった」「すごい」「センスがいい」「そうなんだ」という、俗にいう相槌の『さしすせそ』を大きなリアクションをしながら繰り返すはずです。

大好きな彼氏の前でついしてしまう行動2:声が高くなる

声が高くなるというのも、愛する彼氏の前でついつい女性が取ってしまう行動として挙げられるでしょう。

人は、機嫌がいい時には自然と声が高くなり、不機嫌な時やネガティブな感情を抱いている時には声が低くなるものです。

また、低い声で話すと相手に「不機嫌で無愛想な印象を与えてしまうのではないか」という思いから、女性は大好きな彼氏に対しては無意識のうちに高い声で話しかけるようになります。

大好きな彼氏の前でついしてしまう行動3:常に笑顔を保つ

愛する彼氏の前では、いつもニコニコと笑顔でいる女性がほとんどでしょう。

大好きな人と一緒にいられれば、それだけで嬉しく幸せに感じられるからです。

もちろん、笑顔を見せることで「彼氏にもっと自分のことを好きになってもらいたい」という気持ちがあるのは確かですが、彼氏のことが好きであれば意識せずとも自然に口角が上がり、笑顔になります。

ただし、交際をスタートさせたばかりでシャイな性格をしている女性の場合は、彼氏と一緒にいると緊張のあまり顔がこわばったり、ぎこちない笑顔になってしまいがちです。

大好きな彼氏の前でついしてしまう行動4:照れてしまう

彼氏の言動に敏感に反応しては初々しく照れてしまうというのも、大好きな彼氏の前だからこそ女性が見せる仕草として挙げられます。

恋愛経験が豊富な女性であっても、心から愛する彼氏に愛情表現をされたり、からかわれたりすると思わず照れてしまうものです。恋愛経験が少ない女性ならばなおさらでしょう。

照れたり恥ずかしがったりするのは、それだけ彼氏のことが大好きだからだといえます。

大好きな彼氏の前でついしてしまう行動5:上目遣いをする

女性は大好きな彼氏を前にすると、ついつい無意識のうちに上目遣いをしがちです。

「私のことをもっと好きになってもらいたい」「可愛いと思ってもらいたい」という気持ちが強ければ強いほど、自然と上目遣いをして彼氏に間接的に愛情を伝えようとするでしょう。

「目は口ほどにものをいう」という言葉があるように、女性の上目遣いには相手への好意が含まれています。

大好きな彼氏の前でついしてしまう行動6:遠慮しちゃう

つい、可愛い子ぶって遠慮してしまうというのも、大好きな彼氏の前だからこそ女性がとる行動だといえるでしょう。

例えば食べることが大好きで、普段は男性並みにモリモリと食べる女性であっても、彼氏と一緒に食事をしている時には「小食の可愛い女子だと思われたい」という気持ちから、遠慮してご飯を普段通りに食べられなくなってしまいます。

また、いいたいことがあっても「彼氏に嫌われたらどうしよう」と思い、遠慮してなかなかストレートにものをいえなくなるでしょう。

大好きな彼氏の前でついしてしまう行動7:甘える

女性は、大好きな彼氏の前では、つい甘えてしまうものです。

普段はキリっとした凛々しい印象のキャリアウーマンであっても、愛する彼氏の前ではまるで子猫のように可愛らしく甘えるというケースも珍しくありません。

というのも、女性は多かれ少なかれ「彼氏にメロメロに甘やかされたい」という願望を心のどこかで抱いているからです。

彼氏がこの願望を叶えてくれたならば、もっと彼氏のことが大好きになるでしょう。

彼氏から見る彼女の可愛い行動は?

ここまでは女性の目線に立って、愛する彼氏の前で無意識にとってしまう行動や、彼氏のことをもっと好きになる瞬間などについて解説してきました。

では、男性側の目線に立ってみるとどうなのでしょうか。

ここからは、彼氏から見た彼女の可愛い行動について紹介していきます。

愛する彼氏からもっと可愛いと思われたいならば、ぜひ以下で取り上げる行動を参考にして彼氏と接するようにしてみてください。

彼氏から見る彼女の可愛い行動1:寝顔が可愛い時

彼氏が彼女を可愛いと感じる瞬間としてまず挙げられるのが、可愛い寝顔を見た時です。

寝ている時には誰しも無防備になるものです。だからこそ、そんな姿を自分にだけ見せてくれているという特別感や優越感とあいまって、彼女を愛おしく感じるのでしょう。

すやすやとあどけない寝顔を見せる彼女に対して、男性は思わず「可愛い」「キスをしたい」と感じるはずです。

彼氏から見る彼女の可愛い行動2:彼女から手を繋いできた時

草食系男子でもないかぎり、ほとんどの男性は恋愛では自分が主導権を握っていたいと考えています。

しかし、自分ばかり彼女にアクションを起こすだけでは物足りなさを感じてしまうでしょう。

だからこそ、たまに彼女のほうから手を繋いできた時には、思わずドキッとすると同時に「可愛いな」と感じるはずです。

普段は恥ずかしくてあまり自分から愛情表現ができないならば、たまには勇気を出して彼氏の手を握ってみてはいかがでしょうか。

あるいは、袖をちょこんと引っ張ってアピールしてみるのもおすすめです。

彼氏から見る彼女の可愛い行動3:一生懸命頑張っている時

彼氏が可愛いと感じる彼女の行動として忘れてはならないのが、一生懸命頑張っている時です。

勉強や仕事、料理でもかまいませんが、彼女が何か1つの物事に一生懸命取り組んでいる姿を見ると、男性は「可愛いな」「素敵だな」と好ましく感じます。

いつもはニコニコと笑顔を絶やさない彼女が集中して真剣な表情をしていると、普段とのギャップにやられて思わず胸をときめかせるでしょう。

彼氏から見る彼女の可愛い行動4:デートでテンションが上がってる時

デート中に思いっきり楽しそうにはしゃいでくれるというのも、彼氏から見た彼女の可愛い行動の1つとして挙げられるでしょう。

「楽しい」「一緒にいられて嬉しい」とその気持ちを言葉にしてくれたならば、余計に彼女を愛おしく思うはずです。

彼氏にもっと可愛いと思ってもらいたいならば、デート中には変にすましたりせずに、無邪気にテンションの上がった姿を見せるように心がけてみてください。

彼氏から見る彼女の可愛い行動5:恥ずかしそうにしている時

自分の言葉や行動によって、彼女が照れて恥ずかしそうな様子を見せると、男性は彼女のことをたまらなく可愛いと感じます。

例えば手を繋いだりスキンシップをしたりした時に、彼女が恥ずかしそうな表情を見せると、「自分のことを好きだから照れてくれているんだな」と嬉しく思うからです。

女性の中には「緊張したり照れたりしていることを彼氏に悟られたくない」と考えている人も少なくありませんが、むしろ恥ずかしそうにしていることが伝わることで、彼氏の好感度をアップできます。

彼氏から見る彼女の可愛い行動6:からかった時

からかった時に、いいリアクションをする彼女のことを「可愛いな」と感じる男性も多いでしょう。

小学生男子が好きな子にわざと意地悪をして、相手の反応を引き出そうとするのとよく似ています。

「好きな子ほどいじめたい」という心理は、大人になっても男性がどこかしら持っているものです。

からかった時に彼女が照れたり恥ずかしそうな仕草や表情を見せたりすると、「なんて可愛いんだ」と内心悶絶する男性も少なくありません。

それが癖になって、頻繁に彼女をからかったり、いじったりする男性もいるほどです。

彼氏から見る彼女の可愛い行動7:嫉妬して拗ねた時

嫉妬されるということは、それだけ愛されているという証拠でもあります。

そもそも、好きでもない相手に嫉妬心など抱かないからです。

だからこそ、彼女が可愛らしい嫉妬を見せてくれた時には「自分は彼女に愛されているんだな」と嬉しく感じると同時に、彼女のいじらしさを可愛く思うでしょう。

もちろん、行きすぎた嫉妬心や束縛はNGですが、可愛らしく拗ねれば彼氏の愛情をもっと得られるようになります。

愛され彼女になるためには!

ここまでは、男性が彼女にどんな時に胸がキュンとなるのかを、シチュエーション別に紹介してきました。

女性が思っている以上に、男性は女性のさまざまな仕草や表情に胸をときめかせています。

このような男心を正しく理解したうえで、彼氏の胸キュンポイントをおさえた行動や仕草ができれば、もっと彼氏に愛してもらえるようになるはずです。

ここからは愛され彼女になるために知っておきたいことや、実践したいポイントについて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

愛され彼女になるためには1:愛情表現をする

愛されたいならば、まずは自分から彼氏のことを愛する姿勢を見せることが一番大切です。

人は、自分に好意を示してくれる相手のことを好ましく思う傾向があります。

だからこそ、愛され彼女になりたいのであれば、自分から積極的に彼氏に愛情表現をしてみてください。

恥ずかしくて言葉でストレートに愛情を表現できないのであれば、態度や行動で愛情表現をすれば問題ありません。

2人きりの時には甘えてみたり、後ろから抱きついて「大好きだよ」という気持ちを伝えたりしてみてはどうでしょうか。

愛され彼女になるためには2:1人の時間を尊重する

彼氏のことが大好きだからといって、四六時中べったりとくっついてしまっては、彼氏は息苦しさを感じてしまいます。

「何事も中庸(ちゅうよう)が肝心」という言葉があるように、たとえ愛する彼女であっても、常に一緒にいられるとストレスを感じてしまうでしょう。

いつまでも彼氏に愛される彼女でいたいならば、「彼氏とくっついていたい」という自分の欲求を抑え、彼氏が1人で過ごす時間も尊重しなければなりません。

愛され彼女になるためには3:嘘は吐かずに本音で接する

どんな小さな嘘であっても、それが積み重なると信頼関係は崩壊してしまいます。

特に、異性関係のことで嘘をつくのは致命的だといえるでしょう。彼氏に心変わりを疑われてしまっても仕方がありません。

そのようなトラブルを避けるためにも、また、愛される彼女になるためにも、彼氏に対しては常に誠実でいるように心がけてください。

嘘はつかず、取り繕うこともせず、本音で接することが大切です。

愛され彼女になるためには4:料理で胃袋を掴む

男女で家事を分担するのが一般的になったとはいえ、やはり「愛する彼女においしい手料理を作ってもらいたい」と考える男性は多くいます。

料理嫌いな彼女にマイナスの印象を抱くことはあっても、料理上手な彼女にマイナスの印象を抱くことは決してありませんし、むしろその家庭的な姿を好ましく思うことでしょう。

だからこそ、愛され彼女になるためには料理の腕を磨き、彼の胃袋をしっかりと掴んでおくことも必要です。

愛され彼女になるためには5:普段とのギャップを見せる

男性は少なからず『ギャップ萌え』に弱いものです。

いつもと違う姿や様子を見せられると、普段とのギャップに思わず胸がキュンキュンするという男性も多いことでしょう。

このような男心を利用して、たまにいつもと違うところを見せれば効果的です。

例えば普段はクールな態度を取ることが多いならば、彼氏と2人きりになった時にたまに甘えてみると、彼氏はギャップ萌えしてくれるに違いありません。

愛され彼女になるためには6:彼氏にプレッシャーをかけない

彼氏にプレッシャーをかけないというのも、愛され彼女になるためには欠かせない条件です。

愛する彼氏がいると、つい将来のことを想像してしまいがちです。

彼氏もあなたと同じ気持ちでいてくれれば問題ありませんが、まだ結婚については考えていないというケースも少なくないでしょう。

だからこそ、結婚願望を全面に出して結婚を迫るようなまねはしてはいけません。あくまで、自然な流れに任せるべきです。

愛され彼女になるためには7:2人の未来を語る

結婚に関して、陰に陽にプレッシャーをかけるのは絶対にNGですが、2人の将来を語る分には問題ありませんし、むしろ彼氏により愛してもらえるようになるでしょう。

デート中にいい雰囲気になった時を見計らって、彼氏に可愛らしく甘えながら「これからもあなたとずっと一緒にいたいな」「将来もこんな風にすごせたらいいね」と、さりげなく将来のことを語ってみてはいかがでしょうか。

結婚願望がない彼氏であっても、それがきっかけであなたとの将来を真剣に考えてくれることもあります。

彼氏と喧嘩しない方法とは

「喧嘩するほど仲がいい」という言葉がありますが、恋人たちにはこれは必ずしも当てはまりません。

もちろん喧嘩を通じてお互いのことをより深く理解し合えることもありますが、喧嘩をしたせいで2人の関係にひびが入ってしまい、最悪の場合には破局にいたるというケースもあります。

では、彼氏と喧嘩しないためにはどうすればいいのでしょうか。

彼氏と喧嘩しない方法1:彼氏の話をよく聞く

まず実践したいのが、彼氏の話によく耳を傾けるということです。

勝気な女性の場合、彼氏の話を途中で遮って自分のいいたいことを一方的に主張してしまうことも少なくありません。

最初のうちは彼氏はそのことに我慢をしてくれたとしても、段々ストレスが溜まり、いつかそれが爆発して喧嘩になってしまいかねません。

彼氏と喧嘩をしないためには、彼氏の話をきちんと聞く姿勢を持つことが大切です。

彼氏と喧嘩しない方法2:お互いに自分を優先しない

お互いに自分勝手な行動を控え、相手のことを尊重するというのも、喧嘩を避けるために必要なことでしょう。

エゴを全面に出してしまうと、当然ながら衝突する部分が増えてくるからです。

自分よりも恋人のことを優先するというスタンスで付き合うことが、喧嘩をせずに交際を長続きさせる秘訣だといえます。

彼氏と喧嘩しない方法3:嘘をつかない

嘘をつくと彼氏からの信頼を損ね、最悪の場合にはその愛情さえも失ってしまいかねません。

たとえ些細な嘘であったとしても、嘘をつくという行為そのものが彼氏に対する裏切りですので、絶対に避けるべきです。

そもそも、嘘をつくのは、やましいことや彼氏に隠したいことがあるからにほかなりません。

彼氏に対して常に誠実でいられれば、嘘をつく必要もなくなるでしょう。

彼氏と喧嘩しない方法4:思ったことは素直にいう

「彼に嫌われたくない」といいたいことを我慢してしまうと、いつかそのストレスが爆発して大きな喧嘩に発展してしまいかねません。

このような事態を防ぐためには、我慢したり心に蓋をしたりせず、思ったことは素直に彼氏に伝えることが必要です。

もちろん、感情のまま言葉を口にしてしまうと彼氏を傷つけたり怒らせたりしてしまいかねないので、喧嘩腰にならないように伝え方は工夫をしましょう。

彼氏と喧嘩しない方法5:よく話し合う

そもそも、喧嘩をするのはお互いに理解し合えていない部分があるからです。

普段から彼氏ときちんと話をして理解を深め合っていれば、喧嘩に発展する前の段階でことを収められます。

彼氏と喧嘩をしないためには、話し合いを避けず、普段から腹を割って話す機会を持つようにしましょう。

彼氏と喧嘩しない方法6:お互いを褒め称える

長続きしているカップルは、総じてお互いをリスペクトしているものです。

たとえ愛のある『いじり』だったとしても、相手をけなしたり下げたりするような言動は、長期的には2人の関係をむしばんでいきます。

彼氏と喧嘩せずいつまでもラブラブでいたいならば、お互いを褒め称えるようにしましょう。

「あなたのこういうところが好き」と具体的に言葉にして彼氏を褒めれば、彼氏もあなたのことを同じように褒めてくれるはずです。

彼氏と喧嘩しない方法7:嫉妬をさせない

適度な嫉妬はマンネリ防止や恋愛のスパイスになりますが、いつも嫉妬させてばかりいると彼氏の不信が募り、喧嘩になりかねません。最悪の場合、破局にいたるでしょう。

これを避けるためには、彼氏に嫉妬をさせるような言動を取らないことが鉄則です。

彼氏が不安に感じるような異性関係は慎み、彼氏にできるだけオープンに話すように努めましょう。

好きという感情を素直に伝える! そのタイミングは?

何年経ってもラブラブなカップルは、お互いに愛情表現を欠かさないものです。

いつまでも恋人と愛し合えるよう、ここからは「好き」という感情を伝えるのにおすすめなタイミングを紹介していきます。

好きを伝えるタイミング1:デートの時

まずおすすめしたいのが、デート中に「好きだよ」と伝えるということです。

デート中はお互いに気持ちも盛り上がっていますし、普段は恥ずかしくて愛情表現ができない人でも、雰囲気に乗せられて「好き」と口にしやすいでしょう。

好きを伝えるタイミング2:電話を切る時

毎日のように電話をするカップルも珍しくありません。実は、電話を切る時は「好き」と伝えるベストタイミングです。

電話の最中に「好き」というと、お互いに照れてその後の会話がぎこちなくなってしまいがちですが、電話を切るタイミングならばその心配もありません。

何より、電話を切った後も恋人にドキドキ感を与えられます。

好きを伝えるタイミング3:感謝の気持ちを伝える時

恋人に「好きだよ」というタイミングが掴めないならば、何かしてもらった時にお礼の言葉と一緒に伝えてみてはいかがでしょうか。

例えば何かを手伝ってもらった時に、「ありがとう、〇〇くんのそういうところが本当に好き」といえば仰々しくありませんし、さりげない形で愛の言葉を伝えられます。

好きを伝えるタイミング4:記念日

相手の心の深いところまで届くような愛情表現をしたいならば、記念日に「好きだよ」と言葉にして伝えるのが効果的です。

2人が交際をスタートさせた記念日やどちらかの誕生日、あるいはクリスマスやバレンタインデーなどのイベントを利用すれば、ロマンチックな雰囲気の中で「好き」という気持ちを伝えられるでしょう。

好きを伝えるタイミング5:喧嘩後や仲直りした時

険悪なムードになるのを防ぎ、同時にお互いの愛情を再確認するためにも、ぜひ喧嘩後の仲直りの際に「好きだよ」と伝えてみてください。

まずは「ごめんね」ときちんと謝った後で、「喧嘩をして改めて感じたけれど、あなたのことがやっぱり好き」といえば、愛情をより深められるはずです。

好きを伝えるタイミング6:彼氏が「好き」といってくれた時

彼氏が好きだといってくれた時も、愛を伝えるのに絶好のタイミングだといえるでしょう。

そもそも、「好き」といったのに彼女が何も返してくれないと彼氏は寂しく感じてしまいます。

もちろん、照れて何もいえなくなった彼女が可愛く感じる男性も多いですが、彼氏に寂しい思いをさせないためにも、好きといわれた時には「私も好き」と返してみてください。

好きを伝えるタイミング7:寝る前

寝る前に「好きだよ」と伝えるのも、彼氏をキュンキュンさせるのに絶好のタイミングです。

眠たげな表情をしながら彼女が「おやすみ、大好き」といってくれたならば、その可愛さに男性はノックアウトされ、胸がキュンキュンしてしまうでしょう。

大好きな彼氏に愛される彼女になろう!

今回は彼氏とイチャイチャしたくなる瞬間や、彼氏にいつまでも愛される彼女でいる方法について紹介してきました。

男心を正しく理解し、彼氏がどのような仕草や表情に胸をときめかせるのかを知って、いつまでも彼氏の心を掴んで離さないようにしましょう。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top