grape [グレイプ]

インドカレー店の『置き手紙』に和む人が続出 「許すしかない」「好きすぎる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

休業日の連絡であったり、マナー向上のための呼びかけであったりと、店に掲示される貼り紙は客に向けたお知らせがほとんどです。

島根県浜田市にあるインドカレー店『ナマステカレー』の貼り紙を、金しょたろう(@kimjonteran)さんがTwitterに投稿。

インド出身で店長を務める通称『シンさん』直筆の貼り紙に、多くの人が心癒されました。

お客様へ いつもありがとうございます。スミマセーンごめんなさい。

1月15日から2月14日まで電話で、予約ができません。

私は1か月、くにに帰ります。(インド)

弟は日本語あまり上手じゃないです。だから、電話予約できません。

イイデスカ?大丈夫ですか?OKですか?ナマステ。シンさん。

1か月の間母国のインドに帰るため、電話での予約ができなくなる『ナマステカレー』。そこで店長のシンさんは、客に向けてこのように呼びかけたのです。

直筆のメッセージからはシンさんの優しい人柄や、店の温かい雰囲気が伝わってきます。

投稿はまたたく間に拡散され、多くの人から「OKというほかない」「いいとも!」といった声が相次いでいます。

・このくらいのゆるさが日本人にもあっていいと思う。

・こんなかわいいメッセージを置かれたら、OKせざるを得ませんよ!

・字もきれいだし、文章も読みやすくてすごい!自分は多分海外で同じことできない…。

・「イイデスカ?大丈夫ですか?OKですか?ナマステ」のテンポがツボに入りました。好きです。

シンさんのTwitter(@t1t8HrjvPaVRCqD)によると、シンさんは無事にインドへ里帰りすることができたようです。

きっと、この貼り紙を見た客は「母国でゆっくりして来てね」と笑顔になったことでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
@kimjonteran

Share Tweet LINE コメント

page
top