grape [グレイプ]

オタフクソースが公開した『キャベツの切り方』に「目からウロコ」「早速やる!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

コロナウイルス感染症の拡大により、外出自粛が求められている昨今。多くの人が家で自炊をしながら『おうち時間』を楽しんでいます。

そんな中、家族でわいわい楽しめる、お好み焼きなどの『粉もの料理』を作る人が急増中です。

お好み焼きといえば、キャベツが欠かせませんが、意外と難しいのが千切り。切り方1つで味が左右されるので、お好み焼き作りにおいては重要な工程です。

お好み焼き用ソースのメーカーとしておなじみのオタフクソース株式会社は、家で上手にお好み焼きを作るためのオンライン教室を公開しました。動画の中では、お好み焼きにぴったりなキャベツの切り方を分かりやすく紹介しています。

関西出身ではなく、家で上手にお好み焼きを作れたためしがない筆者。中でもキャベツの千切りが苦手で、太さがバラバラになったり、柔らかい葉と固い芯で形が均一にならなかったりすることが悩みでした。

動画で紹介されているコツをおさえながら、キャベツの千切りに挑戦してみることに!

家のお好み焼きがプロの味に!?キャベツの千切りを試してみた

まず、キャベツを4分の1の大きさにカット。すでにカットされているものを選ぶ場合は、中の葉がギュッと詰まったものがおいしいキャベツだそうですよ。

次に、芯を切り落とします。芯は捨てずに、出汁を取ったり、細かく刻んで食感を出したりと活用してください。

早速、包丁で千切りにしていきます。芯を落とした部分を台にして、包丁を持つ手側にキャベツのとがった角がくるようにします。

そして、キャベツの丸みに沿って、端から包丁を回しながら切っていきます。こうすることで、長さがそろい、芯に対して包丁が直角に入るので、太い芯が小さく切れて火の通りがよくなるのだとか。

半分を超えたくらいまで切って、キャベツがぐらぐらと不安定になったら、倒して高さを低くして切りやすくします。キャベツの向きをぐるっと変えて、なだらかなほうに手を添えたら続けて切っていきます。

できました!長さがだいたいそろって、太くて固い芯も小さくなりました。

この切り方をすると、上のほうの柔らかい葉と下のほうの固い芯の部分がバランスよく入り、キャベツが満遍なく蒸されたお好み焼きが作れるそうです。

「お好み焼きを家で作るとなんかイマイチ…」という人は、動画を参考にキャベツの千切りを試してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
【オタフク オンライン教室 キャベツ編】ごらんなさい!これがキャベツの切り方だっ!

Share Tweet LINE コメント

page
top