grape [グレイプ]

スマイリーキクチを9年間誹謗中傷した犯人の言葉 投稿に「ゾッとした」「闇が深い」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年5月23日、22歳という若さでプロレスラーの木村花さんが亡くなりました。

自宅に遺書と思しきメモがあったほか、亡くなる前に「さようなら」などの投稿をSNSに残していた点から、ネットでは自ら命を絶ったのではないかと考える人が相次いでいます。

木村さんはバラエティ番組への出演をきっかけにSNSで不特定多数から誹謗中傷を受けていたため、多くの人が誹謗中傷行為を問題視する声を上げました。

スマイリーキクチ、被害を受けた中傷事件を振り返りコメント

1988年に起こり、あまりの残虐性に世間を震撼させた『女子高生コンクリート詰め殺人事件』。

お笑いタレントのスマイリーキクチさんは1999年頃からネットで「スマイリーキクチがこの事件に関与している」と根拠のないうわさを立てられ、長年、誹謗中傷に遭っていました。(通称:スマイリーキクチ中傷被害事件)

匿名掲示板やブログ、SNSで殺人犯扱いを受け、深く心を傷付けられてきたスマイリーさん。

誹謗中傷の被害者を減らすため、2020年5月30日には木村さんの件を受けて開かれた、政府の誹謗中傷対策を目的とする会合にも出席しています。

「誹謗中傷は依存症だ」

同年6月7日、スマイリーさんは誹謗中傷をやめたくてもやめることができない女性についての記事を引用した上で、Twitterで持論を展開。

自身が経験した誹謗中傷事件を振り返りながら、このようにコメントしました。

僕を9年間ネットで誹謗中傷してた人物は警察の取り調べで「あいつは殺人犯ですよ、ネット見てください」と本気で話していたそうです。

一流企業に勤めている社会人です。他人に嫌がらせや攻撃をするあまり自分の心が蝕まれていた。

中傷された側は傷つく、中傷する側も傷つく。中傷は依存症だと思った。

@smiley_kikuchi ーより引用

「誹謗中傷は依存症である」と述べた、スマイリーさん。

訴えられる危険があるにも関わらず、他人を誹謗中傷するために貴重な時間を使う人たちは、依存といっても過言ではないのかもしれません。

誰かを攻撃してストレス発散をしなければ落ち着かないほど、心が追い詰められているのでしょうか。

誹謗中傷行為は加害者と被害者どちらも傷付けていることを指摘したスマイリーさんの投稿は拡散され、多くの人が考えさせられました。

・誹謗中傷することに依存するだなんて、不幸ですね…。しっかり治療するべきです。

・他人を攻撃して自己を確立する…なんて闇が深いんだろうか。

・なんにせよ、熱心に誹謗中傷をする人の精神状態は普通ではないと思う。自分では異常性に気付けないのだろう。

被害者の立場であるにもかかわらず、加害者の傷付いた心を見抜くスマイリーさんからは、他人を思いやる優しさを感じます。

きっと、不安な時は八つ当たりをしたくなってしまう人は少なくないはず。誹謗中傷の加害者になる可能性は、誰にでもあるのでしょう。

加害者や被害者を減らすために、社会全体が誹謗中傷対策に取り組むべきであると再認識させられます。


[文・構成/grape編集部]

出典
@smiley_kikuchi

Share Tweet LINE コメント

page
top