grape [グレイプ]

黒色になったら食べ頃!アボカドの上手な切り方とは?

By - エニママ  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

栄養分や脂肪分が豊富に含まれていることから『森のバター』とも呼ばれるアボカド。まったりとした味わいが好きな人も多いのではないでしょうか。

自宅でアボカドを使いたいけれども、「キレイに切れない」「種がうまく取れない」など、アボカドの切り方に戸惑っている人もいるはず…。

そこで今回は、Youtubeチャンネル『フルーツパーラーみしま』で紹介されているアボカドの切り方、盛り付け方をご紹介します!

手順:
1.まずは、アボカドを用意します(アボカドは皮が緑色から黒色に変わり、指で軽く押した時にやわらかくなっていれば食べ頃です)。

2.アボカドを片手に持って種まで包丁を入れ、ぐるりと1周、皮に切り込みを入れます。

3.両手でアボガドを包むように持ち、互い違いにねじりながら半分にします。

4.種に包丁を刺し、ねじるようにして取り除きます。

5.大きめのスプーンを使用して、アボカドの身をくり抜きます。

6.アボカドを食べやすい大きさにカットします。

7.ワサビ醤油をアボカドの皮に注ぎます。

8.ワサビ醤油を入れたアボガドの皮と、カットしたアボカドを盛り付けて完成です。

切ったアボカドは、時間が経つと変色してしまいます。変色を防ぐにはレモン汁や酢、オリーブオイルなどをまぶしておくと良いでしょう。

また今回はワサビ醤油を添えましたが、ワサビが苦手な人にはポン酢がおすすめです。

動画でも詳しく紹介されているので、気になる方はこちらもご覧ください。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

出典
果物屋が教える☆『アボカド』 切り方 盛り付け方

Share Tweet LINE コメント

page
top