grape [グレイプ]

セリアのダンボールが有能 収納や梱包にも大活躍

By - はるの  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

日常生活で、ダンボールが必要になる機会は意外と多いですよね。

しかし、ホームセンターでダンボールを購入しようとすると、思ったよりも価格が高くてためらってしまうことも…。

セリアでは、低価格でさまざまなタイプのダンボール商品が販売されています。

シーンに合わせて使えるダンボールを3種類ご紹介します!

※この情報は、2021年7月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

ダンボール製のコンテナ セリア『アンティークボックス01[A4]ブラウン』

収納ボックスに困っている人は、セリアのダンボール商品を使用するのもおすすめです。

デザイン性の地味なダンボールなんて…と感じるかもしれませんが、セリアのダンボールはおしゃれで使いやすいですよ。

筆者が発見したのは、コンテナ型に組み立てられるダンボール。アンティーク調の木材がプリントされたダンボールで、箱の中に何が入っているのかが分かるようにメモ欄もあります。

フタと箱を別々に組み立てると、A4サイズのファイルが入るコンテナの完成です。

容量が大きいので、さまざまな物が入ります。書類をまとめて収納したり、シーズンオフの衣類を収納したりと大活躍!

筆者は、4個のバッグを入れてクローゼットの上の段がスッキリ片付きました。ダンボールには見えない見た目なので、部屋の景観を損なわず置けるのも嬉しいですね。

ちなみに、組み立て方は従来のダンボールと異なり少し特殊でした。

ダンボールといえば、両開きになっている箱の底をガムテープでくっつけるのが一般的です。しかし、こちらは切り込みに差し込めば出来上がるので、道具を用意する必要がありません。

使わない時は、ダンボールを傷付けず折りたためるので、組み立てれば何度でも使い回せます。コスパも十分なので1個購入しておくと何かと便利でしょう。

引っ越しの際にあると便利 セリア『梱包用ダンボール』

引越しの際や、割れ物を梱包して郵送する際に、必要になる緩衝材(かんしょうざい)。

新聞紙などで包む人も多いですが、新聞を購読していなくて、いざという時に困った経験がある人もいるでしょう。

セリアでは、緩衝材となる『梱包用ダンボール』が販売されています。

縦・約30cm×横・120cmのロール状のダンボールは、ハサミでカットできるので梱包する物に合わせて、簡単に大きさを整えられます。

無数のひだがあり、線に沿ってカットするとハサミもスムースに入って断面が汚くなりにくいです。よく見ると、数cm間隔でひだとは異なる向きの線も入っているので、どれくらいの高さ・幅でダンボールを切ればいいのか目印にしやすいのもポイント。

梱包材が大きすぎても、箱や封筒に入れた際に場所をとってしまうだけなので、上手に利用すると省スペースに物をまとめられますよ。

こんな商品が欲しかった! セリア『梱包用 A4段ボールシート』

『メルカリ』や『ラクマ』などのフリマアプリを利用していらなくなった物を売っている人は、発送準備を楽にしてくれる梱包材があると助かりますよね。

筆者もたびたび、使わなくなった物を販売していますが、そのためにインターネット通販で購入した商品が入っていたダンボールを梱包材として使用するために捨てずに取っていました。

「本当は捨てたいんだけど…」と思っていた時、セリアでちょうどいいサイズのダンボールを発見。

A4サイズで薄めのダンボールシートが5枚入り…大きなダンボールをたたんで取っておくより、はるかにスペースを抑えて収納できます。すべて重ねても厚さは1cmほどです。

小さい物を発送する際も、梱包に使用する分のダンボールだけカットすればいいので、サイズに合う梱包材を探す手間が省けます。

キーホルダーやブロマイドなど薄い形状の物を送る際は、ダンボールと一緒に防水するためのチャック付きポリ袋も一緒に購入するのがおすすめです。

ダンボールが必要になった時は、ホームセンターとあわせてセリアをチェックしてみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top