「子供の声がうるさい」住民から苦情… それを見た管理人が配布した『意見書』が胸に刺さる

いつの時代も必ず話題になる住民問題の一つ、「子供の声」。
マンションや住宅集合地ではおなじみといっても過言ではないこの問題は、常に賛否の声が分かれる話でもあります。

私たちには皆幼少期があり、個人差はあれど、少なくとも泣いたり騒いだりと過去誰かに迷惑をかけて生きてきました。
そういう背景があるからこそ子供の「音」に関しても許容したいと思う中で、実生活に影響が及ぶ様な「音」に悩まされる人がいるのも事実です。
そういう複雑な問題だからこそ根本の解決は難しいのですが、それでもやはりなんとかしようと、至る所で活動が行われているのもまた一つの現状としてあります。

この話は、とある大型マンションでの話。
管理人室に寄せられたのは、3世帯からの苦情の声でした。

「隣の家の泣き声がうるさくて、夜も眠れない。なんとかしてほしい」
「夜中にも関わらず大きな泣き声が聞こえてきて、眠れない。こんなところには住めない」
「子供の声がうるさすぎる。騒音」

相当、悩まされていたのでしょうか。
非常に強い文調で綴られている、子供の声に対しての苦情文。

それに対して、マンションの管理人が、一つの行動を起こしたのです。

次ページ:マンションの管理人がとった行動とは?

出典
Cadot

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop