grape [グレイプ] trend

育休について、上司「何をするつもり?」 放った言葉が「すごい」「感動して泣いた」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

子供が生まれる時に取得できる、育児休暇。

厚生労働省によると、男性の育児休暇取得率は、年々伸びつつあるものの、2020年時点では1割程度にとどまっています。

ネットでは、育児休暇を取得した男性から「育児休暇中も、仕事の連絡がきた」「会社の人員が足りず、結局仕事をしていた」などの声も。

男性が育児休暇を取得するには、まだまだ周囲の理解や環境整備が必要なようです。

育休を取得した男性、上司の対応が「すごかった」

2019年に、男の子を出産した母親である、かなか(@KanakaTsubaki)さんのエピソードをご紹介します。

かなかさんの夫は、育児休暇を取得。取得した際、上司の対応がすごかったのだそうです。

上司に、別室に呼び出され…?

かなかさんが出産する前、夫はその会社に転職したばかりでした。

入社したばかりの会社で、いきなり、長期の休暇を取得するのは、ためらわれるものでしょう。

それでも、2週間の育児休暇を取得することを決めた夫。

夫が会社に、そのことを伝えると上司に別室に呼び出されます。

※写真はイメージ

2人きりの部屋で、険しい顔をした上司がいった内容は…。

「そんなに少なくていいの?たかが2週間の育休で、君は何をするつもりなの?」

上司は、「2週間も休暇を取るの?」といいたかったのではなく、「そんなに短くていいの?」と気遣ってくれたのです!

男性の育児休暇取得について、理解が進んでいない中、こんな風に気遣ってくれるのは嬉しいですよね。

かなかさんと夫は、2人で改めて話し合い、結局2週間の育児休暇を取得することにしました。

夫の育児休暇に関する上司のエピソードは、ここからさらに『神展開』を迎えます。

出典
@KanakaTsubaki厚生労働省

Share Tweet LINE コメント

page
top