grape [グレイプ] lifestyle

屋外やオフィスでも冷たさ長持ち!『USB 缶クーラー』でいつでも冷たい飲み物を

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

暑い日は、キンキンに冷えた飲み物が恋しくなりますよね。ノドをすうっと冷たいものが降りていく感覚は、たまりません。

しかし、しばらくすると冷たかった飲み物がぬるくなっていて、がっかりしたという経験を持つ人は多いのではないでしょうか。

そこでご紹介したいのが『USB 缶クーラー』。電気の力で缶の冷たさをキープしてくれる、便利な保冷アイテムです!

もうぬるい飲み物にがっかりしない!USB 缶クーラーでしっかり保冷

『USB 缶クーラー』は、冷蔵庫で冷やした缶の冷たさを長持ちさせてくれる優れもの。

小型冷蔵庫に使われる『ペルチェ素子』という半導体を使って缶を冷やすので、この『USB 缶クーラー』を使えば、室内や屋外でも冷たさが継続します。

冷蔵庫から出して時間が経っても冷たさを味わえるなんて、これはかなり便利なのでは…。実際に使ってみることにしました!

『【缶やペットボトルをしっかり保冷】USB 缶クーラー』を使ってみた!

それでは『USB 缶クーラー』を早速開封してみましょう!

しっかりと梱包された『USB 缶クーラー』とご対面!箱の中身は、想像よりもずっとコンパクト。缶を保冷するための最低限のサイズといった印象です。

大きすぎないのは、ありがたいですね!

こちらが一式。本体とUSBケーブル、説明書の3点。シンプルで使いやすそうです。

片手で簡単に持てるサイズ感!場所を取らず、食卓やデスクの上にも気軽に置けそうで、気に入りました。

いよいよ、冷蔵庫で冷やした缶を入れてみます。ぴったりと気持ちよく収まりました。

あとはUSBケーブルを電源につないで、スイッチを3秒押すだけ。小さなモーター音がして、保冷が開始。冷たさを保ってくれます。

通常なら、飲み始めてすぐに冷たくなくなるのですが、この『USB 缶クーラー』で冷やしながら飲んだところ、しっかり最後まで冷たいままでした。

さらに、ビールで使い心地を試してみました。

いつもすぐにビールがぬるくなってしまい、しょんぼりしていたのですが、今回は最後まで冷たいビールを楽しむことができました!『USB 缶クーラー』、最高です!

ビールだけでなく、ジュースやお茶、コーヒーなど使い道はいろいろ。いつでも好きな時に冷たい飲み物が飲めますよ。

持ち運びラクラク、モバイルバッテリーで外でも使える!

『USB 缶クーラー』は手のひらにも乗るサイズなので、バッグに入れて持ち運ぶのにも便利。

USBケーブルで充電ができるので、モバイルバッテリーがあれば屋外でも使用できます。

クーラーボックスよりも断然コンパクトなため、利用シーンも広がりますよ。

デスクで、ペットボトルのお茶を冷やしてみました。飲み終わるまで冷たさが続いて快適!

直径66mm以下のボトルに対応しているので、一般的な缶、ペットボトル、コーヒーボトルなら使用できますね。

使ってみて気付いた、意外な発見は、結露が気にならなくなったこと。

冷たいペットボトルや缶は、水滴でデスクが濡れてしまうのが嫌でしたが、これなら使用後にアルミカップ部分を拭いてお手入れするだけで、気持ちよく使えます!

冷やせるものは飲み物だけとは限りません。チョコレートなど、溶けやすいお菓子を入れておくのにも最適なのだとか。

自宅やオフィスで使うのはもちろん、屋外のイベントなどでも大活躍すること間違いなしの『USB 缶クーラー』は、暑さ対策にぜひ取り入れたいアイテム。

ぜひチェックしてみてください!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top