grape [グレイプ] lifestyle

「今年はこれに決まり」土用の丑の日に食べたい!国産うなぎ使用『2種類の蒲焼』

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

夏真っ盛りですが、暑さで夏バテしていませんか。

暑い夏を乗り切るためのスタミナ食といえば…うなぎ

※写真はイメージ

2022年の夏は、うなぎ好きな人にとっては嬉しい土用の丑の日が2回あります。

一の丑は7月23日(土)、続いて二の丑は8月4日(木)です。

2回ある夏の土用の丑の日に、おすすめのうなぎをご紹介します。

土佐のうなぎ蒲焼と四万十黄金生姜の瓶詰め

『土佐のうなぎ蒲焼と四万十黄金生姜の瓶詰め』は、高知県産うなぎの蒲焼を、高知県四万十町産の有機栽培された黄金しょうがで煮付けた逸品です。

蒲焼のタレの甘味と、キリっとした黄金生姜の辛味は後を引くおいしさ!

程よい大きさに刻まれたうなぎは、そのまま食べるのはもちろん、お茶漬けや、う巻にするなどアレンジできます。

炊き立てのご飯にのっけるだけで、ぜい沢などんぶり飯に!

錦糸卵などお好みの具材を用意して、ちらし寿司風に食べるのもおすすめです。

【炭火焼】ハーブで育てたうなぎの蒲焼

『ハーブで育てたうなぎの蒲焼』は、南九州で養殖された国産うなぎを使用しています。

うなぎは100%国産にこだわり、ハーブを配合した飼料を使い、手間暇をかけて大切に育てているそうです。

厳しい目を持つ職人によって選び抜かれたうなぎは、素焼き・蒸し・蒲焼の3段階に分け、炭火と遠赤外線バーナーを使ってじっくりと焼き上げています。

タレは、100年以上続く老舗醤油メーカーと共同開発した3種類を使用。

こだわりのタレの漬け焼きを4回繰り返すことで、深い味わいに仕上がっています。

ふっくらと肉厚で香ばしく焼き上がったうなぎを、長焼きの状態で急速冷凍し、焼き立てのおいしさをそのまま閉じ込めました。

内袋のまま8分ほど湯煎するだけで、専門店で食べるようなふっくらとしたうなぎの蒲焼きを、自宅で手軽に味わえます。

長焼きは1尾でも食べ応え十分なので、半分にカットすれば2人分のうな重を作ることも可能です。

「一の丑だけうなぎを食べる」という人は、合計450gある3尾のセット、「二の丑にも食べたい!」という人は、合計750gとボリューミーな5尾のセットはいかがでしょうか。

特製のタレと山椒が付いているので、お好みにあわせてお召し上がりください。

長焼き3尾

長焼き5尾

2022年の夏の土用の丑の日は2回!厳しい夏の暑さを元気に乗り切るために、おいしいうなぎを食べませんか。

刻まれた瓶詰めのうなぎも、長焼きのうなぎも、どちらもおすすめです。

離れた場所に住む大切な人へのギフトにも、いかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top