grape [グレイプ] trend

犬種、変わった…? 飼い主も動揺してしまった、愛犬の変化とは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

一般的に、犬は1年に2回、換毛期を迎えます。いってみれば、犬流の『衣替え』。

夏毛から冬毛に『衣替え』をした犬は、毛のモフモフ具合が増し、フォルムも心なしかもっちりとした印象になります。

犬を飼っている人にとって、毎年のことではあるものの、柴犬のハクちゃんの飼い主(@F2qZv)さんは、愛犬のあまりの変わりように驚いてしまったのだそう。

飼い主さんが「冬、ダックスフンドか?」と犬種すら変わってしまったのではないかと思ったという、ハクちゃんの比較画像が反響を呼んでいます。

夏毛の頃に比べると、口元の毛が増えふっくらとした印象に。さらには、脚の長さも変わっているように見えます!

毛の量や質が変わったことで、脚の一部が埋もれてしまったためかもしれません。

ハクちゃんのポーズや、写真の構図があまり変わらないものの、夏毛と冬毛の時の差は歴然。

飼い主さんが「こんなに違う?」と驚いてしまうのも無理はないでしょう。

ハクちゃんの比較画像に驚いた人は多く、「年間で2匹飼っているようなもの」「ムチムチでかわいい」と、さまざまなコメントが寄せられています。

・冬のムッチリとした、わがままボディ感がたまらない。

・もはや別の犬!

・肉体改造したのかというほどの変貌。

夏毛と冬毛の差は、犬種によっても違います。とはいえ、ここまで変化するのも珍しいもの。

コメントにもあるように「2匹飼っているような」気分を味わえて、楽しそうですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@F2qZv

Share Tweet LINE コメント

page
top