grape [グレイプ] lifestyle

夏野菜たっぷり『夏の豚汁』 「自由な発想がいい」「栄養豊富でいい」と反響

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

・とても簡単で、なおかつ栄養も豊富でいい!

・自由な発想が素敵です。

・野菜の大量消費にぴったりかも。

料理研究家の、ぼく(@boku_5656)さんがTwitterで紹介した『夏の豚汁』に、そんな絶賛の声が寄せられています。

夏野菜をたっぷり使った豚汁

豚汁のメインの具材である『豚肉』はそのままに、夏野菜を豊富に使った『夏の豚汁』。

豚汁というと冬の定番メニューのイメージもありますが、具材を変えれば夏にぴったりな一品になります。

『夏の豚汁』具材

ぼくさんが『夏の豚汁』に使うのは、豚バラのほかに、オクラ、シシトウ、ナス、ミニトマト、ミョウガといった夏野菜。

どれもスーパーマーケットで手軽に手に入るものばかりです。

『夏の豚汁』作り方とポイント

まずは、野菜の下準備。

オクラとシシトウは、ヘタを除き斜め切り。ナスは1cmほどの厚さの半月切りにします。また、豚バラはひと口サイズに切っておきましょう。

その後、先にナスだけを多めのごま油をひいた鍋で炒め、取り出しておきます。

ナスを取り出した後、同じ鍋で豚バラ、オクラ、シシトウを炒めましょう。

水600cc、小さじ1の和風顆粒だしを加え、野菜に火が入ったら、60gの味噌を溶きます。

なお、和風顆粒だしは、豚肉からしっかり旨味が出るので、入れなくても大丈夫とのこと。

最後にナスとトマトを加えて温めれば完成です!

ポイントは、ナスだけを先に炒めておき、後から入れること。こうすることで、汁の色味がきれいなままです。

また、ミニトマトは皮を湯むきしておくと口当たりがよくなるので、気になる人は、ひと手間加えるのもおすすめ。

さらに、アクは丁寧に取り除いてあげると、なおよしです。

夏は、暑さで体力が奪われ、食欲も減退しがち。しかし、栄養をちゃんととらなければ、ますます体調が悪くなってしまいます。

食欲がなくても、『夏の豚汁』なら一品で夏野菜の栄養をたっぷりとることが可能なので、普段の食事に加えたいレシピですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@boku_5656五臓六腑に染み渡る「夏野菜の豚汁」

Share Tweet LINE コメント

page
top