grape [グレイプ] trend

新居に落書きをした2歳児 母親の行動に「最高の発想」「見習いたい!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

幼い子供が何をするかは、親でも予想することができません。

常識の通用しない子供の自由な発想に、大人は時に驚かされ、時に頭を抱えさせられるのです…。

新築に2歳児が落書きをしてしまい…?

2022年7月に引っ越しをした、刺繍作家である田口ナツミ(@NatsuTagu)さん。

転居先は、なんと新築!まだ誰も住んでいないピカピカの家で暮らすのは、誰もが心躍るでしょう。

しかし、引っ越しから間もない同年8月、田口さんの2歳になる息子さんは、あることをやってしまいます。

それは、何かというと…。

そう、息子さんは新居の壁や床に落書きをしてしまったのです!

筆記用具を持った子供が、家に落書きをしてしまう…というのは、『子供のいたずらあるある』といえるでしょう。

掃除をする必要が生じる上に、使った筆記用具によっては落ちない可能性もあるため、親が受けるショックはかなりのもの。

そこで田口さんは、息子さんの落書きをポジティブに受け止めることにしました。

田口さんは、壁や床の落書きを『若き巨匠の作品』として考えることに!

自宅は息子さんによる初の個展会場となり、親にショックを与えた落書きは、自然と価値の高い作品のように思えてきます。

ちなみに、田口さんの新居は自宅であり、同時にアトリエでもあるのだとか。

息子さんがアトリエで壁というキャンバスに描いた絵は、間違いなく『作品』といえるでしょう!

同様の経験をした子育て経験者からは、「最高の発想だ」「この余裕、見習いたい!」といった声が続出しました。

今日も、いろんなキャンバスに絵を描いている息子さん。

自由な発想で作品を生み出す彼が『本物の巨匠』になる日は、そう遠くはないかもしれません!


[文・構成/grape編集部]

出典
@NatsuTagu

Share Tweet LINE コメント

page
top