grape [グレイプ] lifestyle

古紙として出すべきではないもの 清掃員の呼びかけに「全く知らなかった…」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

洗剤の箱は古紙ではありません

Twitterでそんな呼びかけをしたのは、お笑いコンビ『マシンガンズ』として活動しながら、ゴミ収集車の清掃員としても働く滝沢秀一さんです。

ある日、清掃員として勤務していた滝沢さんは、古紙としてダンボールとまとめて出された洗剤のゴミを発見したそうです。

古紙は本来、リサイクルすることを目的に、分けてゴミに出すもの。

しかし、洗剤の箱はにおいが付いていたり、洗剤のカスが残っていたりするため、リサイクルに支障をきたす可能性があるのだといいます。

洗剤の箱を古紙として出したであろう人に、滝沢さんは「せっかく分別してくれたのにごめんね」とつづった後、「可燃ごみでお願いします」と呼びかけました。

滝沢さんの投稿には、「まったく知らなかった」「勉強になった」などの声が上がっています。

また、洗剤の箱にとどまらず、ピザの箱などの汚れた箱や内側がアルミ貼りの紙パックなどは、リサイクルに不向きのようです。

古紙としてゴミに出す際は、一度自治体のウェブサイトを確認しましょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
@takizawa0914

Share Tweet LINE コメント

page
top