grape [グレイプ] hobby

無欲な男性の前に現れた『欲を売るセールスマン』 不要だと断ると…?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

人は誰しも、何らかの『欲』を持っています。

生きるために必要だったり、何かを頑張るための目標となったり、すべての欲が悪いものではありません。

創作漫画をTwitterに投稿している、ハミタ(@hamita1220)さんの作品『欲を売るセールスマン』をご紹介します。

『欲を売るセールスマン』

スーツを着た怪しげな青年が、突然、会社員の男性に声をかけてきました。

「欲はいりませんか?」

その青年は、会社内で噂になっていた、欲を売るセールスマン。

男性は、欲を持っても損にしかならないと考えていたため、すぐに「いらない」と断りました。すると…。

セールスマンが勧めてきたのは『詐欺欲』。

男性はそれを買い、普通の水を万能水として売る、詐欺師になってしまいました。

人をだますことに快感を得て「詐欺というのは本当に面白い」と愉快そうに話す、男性。

そんな男性の言葉に、セールスマンが返事をします。

「はい、身をもって実感しております」

つまり、セールスマンが『欲』を売っているというのもウソ。詐欺師になった男性のことを、同じ手口でだましていたのです。

まさかの結末に、衝撃を受けた人が続出しています。

・あまりにもきれいなオチ。

・今まで無欲と自負していたのに、思い込みだけで変わるの怖いな…。

・なるほどね。すごく面白い。

・すげぇ…。ゾクッとした。

男性が本当にいらなかったのなら、セールスマンから『詐欺欲』を買うことはなかったはず。

セールスマンは、退屈な日々を過ごしている男性が「本当はこうしたい」という欲を、見抜いていたのかもしれませんね。

予想外な展開の物語に、多くの人が惹きつけられたことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
@hamita1220

Share Tweet LINE コメント

page
top