grape [グレイプ] society

日本全国で『日食』を観測!太陽が最大に欠ける時間帯はいつ?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2016年3月9日に、太陽の一部が月によって欠ける、部分日食を日本全国で観測することができます。

金環日食で大きな注目を集めた2012年から、約4年ぶりとなる今回の日食。何時頃にピークを迎えるのかなど、ご紹介します。

19603_01

北よりも南の地域で

今回の日食は、インドネシアなど東南アジアの地域で皆既日食となります。

そのため、日本で見るなら南の地域で観測した方が、より大きく欠けた状態を見ることができます。

北海道では約5%、東京では約15%、沖縄では約22%、小笠原諸島の父島では約38%も欠けた太陽を観測することができるそうです。

東京では10時12分ごろから日食が始まり、11時8分に月との重なりは最大となります。他に福岡では10時45分、京都では10時59分、札幌では11時18分に日食が最大になるようです。

肉眼では絶対に見ないで!

国立天文台は、観測方法について注意を促しています。

太陽が少し欠けるとはいえ、強い光を発していることに変わりはなく、短時間でも肉眼で観測すると目を傷めてしまう恐れがあります。

他にもフィルムの切れ端を使ったり、サングラスを使っての観測も網膜を損傷してしまう危険性があるそうです。

観測の際には、ピンホールを利用したり、日食専用のグラスや遮光板を使うようにしてください。

ピンホールは、厚紙などに小さな穴を開け、その穴を通った光が太陽と同じように欠ける現象を観測する方法です。

この方法なら直接太陽をみないので、安全に日食を見ることができますよ。

久しぶりの日食を自分の目で観測できるチャンス!お天気次第ではありますが、安全に気を付けて楽しんでくださいね。

出典
@prcnaoj@man_ten_bo_shi

Share Tweet LINE コメント

page
top