grape [グレイプ] lifestyle

タオルの嫌なニオイを消臭するには? 方法に「すごい」「やってみます」

By - COLLY  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

たらいにタオルをつけおきしている様子

毎日使うタオルは気が付くと黒ずみが生じたり、ニオイが染み付いたりしがちです。洗濯を繰り返してもなかなか落ちないので、「もう使えない…」と思って捨ててしまう人もいるのではないでしょうか。

Instagramで生活に役立つ情報を発信するえみ(home_kagaya_o1)さんが紹介している『タオルの黒ずみやニオイを一気に解消できる裏技』を、実際に試してみました。

『ふかふかの肌触り』と『清潔感』を、もう一度手に入れましょう。

『オキシ漬け』で一気に解決

洗濯だけでは落とし切れない黒ずみやニオイは、漬け置き洗いが効果的です。酸素系漂白剤『オキシクリーン』を使った『オキシ漬け』ならみるみる汚れが落ちます。

用意するものは以下の通りです。

・バケツのような深めの容器

・オキシクリーン

・50℃のお湯

・黒ずみやニオイの気になるタオル

バケツとタオルとオキシクリーンを並べた写真

はじめに、50℃のお湯とオキシクリーンをバケツに入れましょう。

オキシクリーンを入れたバケツにお湯を入れる様子

オキシクリーンをよく混ぜて溶かします。お湯が熱いのでやけどしないように注意しながら、金属製以外の長い棒状のもので混ぜましょう。

菜箸でバケツに入った洗剤を泡立てる様子

オキシクリーンを溶かしたお湯にタオルを漬け込みます。

泡立てた洗剤の中にタオルを漬けた様子

タオルをお湯に漬けたらしばらく放置してください。漬け置きの目安時間は20分程度ですが、黒ずみやニオイがひどい場合は、もう少し長めに置くことをおすすめします。

バケツの中でタオルをオキシクリーンに漬けている様子

きちんと洗っていたはずのタオルでも、漬け置きしたお湯が濁っていました。

濁った水の写真

漬け置きが終わったら、タオルをしっかり絞って普段通り洗濯します。

洗濯機の中にタオルを入れた様子

タオルを乾かすと、黒ずみもニオイもなくなっていました。『オキシ漬け』の効果に驚きです。

畳んだタオルの写真

黒ずみの原因とは

黒ずみの原因は主に2つあります。

1つ目は、『汚れの再付着』です。洗濯機にタオルや衣類を詰め込みすぎて、適切な水の量と洗剤量で洗濯できていないと、一度落ちた汚れが再び付着してしまいます。

もう1つは『柔軟剤の付着』です。柔軟剤を入れすぎるとタオルや衣類に柔軟剤が残ってしまい、洗剤では落とし切れない汚れが蓄積します。

『汚れの再付着』や『柔軟剤の付着』が起こらないよう、普段の洗濯の仕方に気を付けましょう。

えみさんは『オキシ漬け』のほかにも、生活の知恵や裏技など、さまざまなライフハックを紹介しています。ぜひInstagramをチェックしてみてください。

※再生ボタンを押すとInstagram上で動画が再生されます。


[文・構成/grape編集部]

出典
home_kagaya_o1

Share Post LINE はてな コメント

page
top