grape [グレイプ]

息子を学校へ迎えに行ったら、突然車内で号泣!涙の理由に、心うたれる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

アメリカ合衆国ワシントンに住むアリー・ホールさんには、6歳の息子、ヘンリーくんがいます。

ある日ヘンリーくんを学校へ迎えに行き、車で家へと向かっていると…突然ヘンリーくんが号泣!

「一体どうしたの!?」

ビックリしたアリーさんがそう問いかけると、驚くべき言葉が返ってきたのです。

「地球はもう、壊れちゃいそうなんだ!」

「人間はずっと、地球にひどいことをしてる。みんなは木を切って、土の上にゴミを捨てる…。森も、道にしちゃう…。

僕たちは、今やっていることを考え直さなきゃダメだよ。人間が地球と動物にやっていることは、悪いことだもん。

それに、僕たちがどんなにひどいことをしても、地球や動物は喋れないんだ」

なんと、ヘンリーくんの涙の理由は、地球の環境破壊!

今日学校の授業で、環境問題についてのビデオを見て衝撃を受けたヘンリーくん。地球環境について真剣に考えた結果、感極まってしまったのです。

21418_01

出典:YouTube

「僕は、大きくなったらそんな人たちと戦いたい。ひどいことをする人たちと、一緒になりたくないもん。
なにより僕は、動物たちに死んでほしくないよ…。

なんで僕は、大人じゃないんだろう。もし僕が大人だったら、地球を助けるお仕事ができるのに…」

アリーさんは、ヘンリーくんの発する言葉にビックリ!友人たちに教えるべく、この動画をFacebookに公開しました。

するとヘンリーくんの純粋な気持ちはまたたく間に広まり、数日間で世界中の人たちから注目を浴びることに。動画を見た人たちからは、感動の言葉が寄せられました。

  • こんなに素晴らしい子どもがいるだなんて、将来は安泰だ!
  • きっとこの子は、大人になったら世界を変えてくれるよ
  • 熱い思いを聞いて、思わず泣いちゃった…
  • 自分に子どもが生まれたら、こんな子になってほしいな
  • きっと学校の先生も、しっかりと授業を教えているんだろうね

次の日から、ヘンリーくんは自ら活動を開始!自然保護官の制服に似たベストと帽子を身に着け、近隣の公園をパトロールするようになりました。

ポイ捨てを発見すると笛を鳴らして注意したり、人通りの多い道に迷い込んだ生き物を助けたりしています。

「僕は、アメリカ中の人たちに地球を大切にしてほしいと思ってるんだ!」

将来は立派な自然保護官になりたいと話す、ヘンリーくん。パトロールの他に、環境についての勉強にも励んでいるそうです。

近い将来、彼はアメリカを代表する自然保護官になっているかもしれませんね。

出典
FacebookEmotional Environmentalist

Share Tweet LINE コメント

page
top