grape [グレイプ]

「おやすみ、ロジャー」魔法みたい!子どもが絶対に寝る絵本

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2016年6月末現在、75万部を売り上げて大変な話題になっている絵本があります。

そのタイトルは「おやすみ、ロジャー」。不眠症のうさぎを主人公にした、一見いたって普通の子ども向けの絵本。これが世界中のお母さんから絶賛され、各国で大ベストセラーを記録しているのです。

22160_06

出典:Amazon

一体、「おやすみ、ロジャー」の何がお母さんたちに支持されているのでしょうか?

それは、この本が世界で初めての「魔法のぐっすり絵本」と呼ばれるほど、寝かしつけにぴったりだからです。この絵本を読み聞かせると、子どもがすぐに寝てしまうという効果があるそうなんです。

22160_07

「おやすみ、ロジャー」は、スウェーデン在住の行動科学者カール=ヨハン・エリーンさんが、2010年に自費出版で発行。その直後からたちまち評判になって、口コミでイギリスにも広がりました。

その後、アメリカ、フランス、スペインなど欧米各地でAmazon総合ランキング1位を獲得。2015年11月に日本にも上陸すると、木下優樹菜さんなどママさんタレントの推薦もあって、一気に人気が爆発しました。

「おやすみ、ロジャー」のストーリー

絵本の内容は、眠りたくても眠れないうさぎのロジャーが、だれでも眠らせてくれる「あくびおじさん」のもとを訪ねるという、シンプルなストーリー。その中に、眠くなる心理学的な仕掛けが満載されています。

自分の子どもの名前をお話の中に取り入れたり「もっともっと」「ゆっくりゆっくり」など、眠りを誘う言葉が効果的に繰り返されています。読み聞かされた子どもは、たった10分でたちまち眠ってしまうのです。

ノーベル賞ものの発明

物語で登場する「ウトウトフクロウ」が教えてくれる体の力を抜くメソッドは「自律訓練法」と呼ばれ、医療の現場でも使われている方法なのだとか。

このユニークさに、最初に刊行されたスウェーデンでは、本というより「ノーベル賞ものの発明」という賞賛の声も寄せられているとか。お子さんがなかなか寝なくて困っているという親御さんは、この本を試してみてはいかがでしょう?

おやすみ、ロジャー  魔法のぐっすり絵本

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本

カール=ヨハン・エリーン
1,400円(09/14 22:34時点)
発売日: 2015/11/13
Amazonの情報を掲載しています
出典
飛鳥新社

Share Tweet LINE コメント

page
top