grape [グレイプ]

カフェ・オ・レとカフェ・ラテって、何が違うの?カフェの飲み物を総おさらい!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

カフェにはコーヒーベースのドリンクメニューがたくさん!

でも、カフェ・オ・レとカフェ・ラテのように見た目がよく似ているものも多くて、違いを明確に知っている人は意外と少ないのでは?

今回はカフェでよく見かけるドリンクの違いをご紹介しましょう。

基本的なコーヒードリンクの違い

まず基本的にコーヒードリンクはエスプレッソ(深煎りコーヒー)ベースのものと、ドリップコーヒー(浅煎りコーヒー)ベースのものとに分かれています。

例えば

カフェ・オ・レ

ドリップコーヒーにミルクを混ぜたもの。

hand_1610_ww05_01

カフェ・ラテ

エスプレッソの上にスチームミルク(蒸気で温めたミルク)を注ぎ、更にその上にミルクフォーム(蒸気で泡立てたミルク)をのせたもの。

hand_1610_ww05_02

という違いが。パッと見て表面のミルクが泡立っていれば、カフェ・ラテと思ってまず間違いありません。

このほかのメニューもエスプレッソベースとドリップコーヒーベースとに分けてみましょう。

エスプレッソベース

カフェ・モカ

hand_1610_ww05_03

エスプレッソの上にチョコレート、スチームミルクをのせ、チョコパウダーをかけたもの。

カフェ・マキアート

エスプレッソの上にミルクフォームをのせたもの。

カプチーノ

エスプレッソにスチームミルク、ミルクフォームをのせ、チョコパウダーをかけたもの。

カフェ・アメリカ―ノ

エスプレッソをお湯で割ったもの

ドリップコーヒーベース

hand_1610_ww05_04

ストレート・コーヒー

1種類の焙煎豆からドリップしたコーヒー。

ブレンド・コーヒー

数種類のコーヒー豆を混ぜて入れたコーヒー。

ウィンナ・コーヒー

hand_1610_ww05_05

コーヒーの上にホイップクリームをのせたもの。オーストリアのウィーンが発祥。

ダッチ・コーヒー

お湯ではなく水で抽出する、いわゆる水出しコーヒー

アメリカン・コーヒー

浅く焙煎した豆を使うコーヒー。苦味は弱いが酸味がやや強い。


ちなみに「レギュラー・コーヒー」という呼び方も見かけますが、これは缶コーヒーやインスタントコーヒーではなく正規の(レギュラーな)コーヒーであるという意味でつかわれる呼び方です。

意外にも焙煎(煎って水分を飛ばすこと)が浅いほど、カフェインは多くなります。カフェインを控えたいときには深煎りのエスプレッソベースのメニューがおすすめ。とはいえ、飲む場合は量は控えめに!

一口にコーヒーと言っても、豆の焙煎具合、ミルクとの組み合わせなどによって、その味わいは実にバラエティ豊か。

「選ぶのが面倒で、ついついブレンドばかり頼んでしまう…」という人も、ぜひいろんなメニューに挑戦してみてくださいね。

Share Tweet LINE コメント

page
top