grape [グレイプ]

ドラム式洗濯機が故障 業者に修理を依頼したら、悩ましい事実が判明

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

Googleで見つけたテイユーさんに、山本さんは早速電話をかけます。修理金額は2万2500円とのこと。

「正直高い…」

ですが、背に腹は代えられぬと思ったか、修理を依頼。数日後、感じのいい作業員、K岡さんが来訪しました。

「あの~、作業なさってるところ、写真にとってSNSにあげていいですか」

ダメ元で…と尋ねてみた山本さんに、「ええ、どうぞどうぞ」なんと、K岡さんは快諾!

その工程がTwitter上に公開されることになりました。

※編集部注:「なにかし忘れてる事があるような気がする」…キャラクターのポスターのことと思われます。

手際良く、ドアが外されていきます。

そしていよいよ、ホコリ掃除へ。山本さんはエラーの原因はダクトが詰まっているせい、と考えていたそうですが、実は排水口のホコリ詰まり。ドラム内の水を循環させる排水口が、完全にホコリでふさがっていたのだそうです。

K岡さんがスマホで見せてくれた、過去の例。このホコリの量は…ゾッとします。

山本家のドラム式洗濯機、ホコリ摘出作業完了!!

手のひらにごっそり…なかなかの量が溜まっていたようです。

もっとまめに掃除をしていたら、このエラーは防げたのでしょうか? それはこのあと明らかになります。

ドラム式洗濯機の掃除 山本さんによるまとめ

出典
@DangYamamoto

Share Tweet LINE