grape [グレイプ]

ブラック企業に長年勤めてわかった 次の就職が不利になる『7つの理由』

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

人員に見合わない仕事量を社員に課したり、残業時間が異様に多かったり、セクハラやパワハラがまかり通っていたり…。

そういった『ブラック企業』は悲しいことに現代日本にも存在します。

心身共に疲弊し、最悪の場合は自殺してしまう人もいるというブラック企業。

しかし、ブラック企業に就職した人は「どんな会社でも最低は3年勤めるべき、って言うし…」「不況だから、再就職できるか不安…」などの理由で、なかなか辞めることができないと言います。

「新入社員のみんなに知ってほしい」

そんな想いでツイートを投稿したのは、5年前までブラック企業に勤めていた、いっちょさん(@DGO_gentyoken)。残業だけで月に180時間以上を強いられていたそうです。

自身が経験したことを元に、『ブラック企業に長年勤めると、次の就職が不利になる7つの理由』を書きだしました。

『ブラック企業』に長年勤めた男性が知ったこと

出典
@DGO_gentyoken

Share Tweet LINE コメント

page
top